彼が浮気をするような人だと思わなかった! そんな気持ちとは裏腹に、浮気をしてしまうときは止められないのが男のサガなのでしょうか。でも、わざわざ言い訳するなんて「意味がわからない」のが女性の本音ですよね。しかも、その言い訳のほとんどは理解不能。ひょっこり自分のところに納まるくらいなら浮気なんてしなきゃいいのに……と思ってしまうのではないでしょうか。でも、男性はそれなりに白黒はっきりすることができない理由があるようです。

「マンネリしてきてつまらない」

結婚ともなれば落ち着いた相手……と思っているけれど、恋愛は違います。じつは女性よりも刺激を求めてしまうのが男性の恋愛観。マンネリした関係が始まるとつまらないと感じ、なにか刺激を求めてしまうのだとか。楽しい毎日を送れていないだけでちょっとした浮気心が働いてしまい、でも心は彼女なんだ! とはっきりしない状態に。

「お前じゃないのかも」

女性より男性の方が結婚を意識しているのかもしれません。付き合っていても「本当にこの子でいいのかな?」といった心がほかの女性に目を向ける理由になってしまっているようです。彼女がいながらほかにも自分に合う子がいるんじゃないかと常に探してしまい、機会があれば浮気……なんて展開に。浮気したのに「やっぱりお前だった!」になる展開です。

「ケンカばっかりが嫌だったから」

ケンカはお互いを知るためにも大切なことといわれていますが、いつもケンカばかりというのは耐えがたいもの。お互い距離をとることで衝突も減ってくるかもしれませんが、そこで逃げ出してしまうのが男性の心理。いつもとなりで笑っている子が理想なため、ケンカをしない相手を見つけ出して浮気をしてしまいます。ケンカをする場合は、すぐに仲直りできるようにお互いの努力が大切かもしれませんね。

「彼女の気持ちは変わらないはずだから」

浮気がクセになってしまっている男性は、彼女の気持ちは常に自分に向いている、心は変わらないと自信を持っていることがほとんど。いつでも彼女の元に戻ることができると考えてしまっています。
そういう男性ほど、逆に浮気をされると精神的にもボロボロになりやすいもろい心を持っています。もちろん、そんな彼を受け入れてしまうあなたにも問題が。あまり彼にかまいすぎると浮気グセなんてなおりません。

「理由は……わからないんだ」

なんで浮気なんてしてしまったのかわからないんだ……という回答は本当に困りもの。罪を犯してしまったことに対して被害者っぽい対応をしてしまう浮気男子をかわいそうだなんて思ってはいけません。
理由は必ずあることを教えてあげましょう。男性はいつでもモテたいと思う生き物。好みの女性が近くに現れたら狩りをする本能を隠すことができません。そのため、理由がわからないという人ほど、本能と興味本位で浮気してしまうことが多いのです。