ハリー・スタイルズ、待望のソロデビューシングルをリリース!

写真拡大

イギリスの人気グループ「ワン・ダイレクション」のハリー・スタイルズが、現地時間7日にファーストソロシングル「Sign of the Times」をリリースした。

「ワン・ダイレクション」は昨年末に活動休止期間に入り、すでにナイル・ホーランとルイ・トムリンソンの二人のメンバーがそれぞれソロデビューしている。

活動休止後のハリーは俳優活動にフォーカス。今年9月に公開となるクリストファー・ノーラン監督作品『ダンケルク』にてスクリーンデビューを控えている。

デビューシングル「Sign of the Times」は繊細なピアノ・イントロから徐々にギターで盛り上がっていく雄大でドラマティックなロック・アンセム。「僕らはいつまでも学ばない/過去と同じことを繰り返し/なぜいつも逃げているのだろう、銃弾から…」「もう泣かないで、新しい時代の兆しだよ/僕たちはここから抜け出すんだ、絶対に」という歌詞が含まれ、普遍的でポジティブなメッセージを投げかける一曲になっている。

ハリーは友人ニック・グリムショーがホストを務める「BBC Radio1」に出演し、「いまお気に入りのアルバムだよ」とコメント。共作者たちとともにただ自分たちが聞きたい音楽を作ることができたことが、アルバムを作っていて最も楽しかったところだと明かした。

今月15日にはテレビ番組「サタデー・ナイト・ライブ」にて「Sign of the Times」を初パフォーマンスする予定だ。