「シリアの人に謝りたい」ふたりの少年の想いがSNSで広がっている #Syria

写真拡大

SNS。非常時のときこそ、そのメッセージは強く拡散されていきます。

アメリカ政府がシリアへの空爆を開始したいま、カリフォルニアに住むふたりの少年のInstagaramのポストが話題です。

SNSで拡散されるシリアへの想い

ふたりが持っている紙には

僕たちの政府がしていることについて、すべてのシリアの人たちに謝りたいんだ。

と書いてあります。

きっとまだ有権者でもないであろう少年たち。それでも、自分の国の政府がおこなっていることを決して他人事にはしていません。

このポストはもともと2015年にされたものですが、今回のシリア攻撃を皮切りに、たくさんの人がリポストして拡散しています。

また、Instagramで「#sorrysyria」や「#prayforsyria」を検索してみると、たくさんの人がメッセージとともに写真を投稿しています。

自身の顔を出して、メッセージを投稿しているところに感じたのが、伝えずにはいられなかったというあふれる想い。

皆、いま、現実で起こっていることに胸を痛めています。そして、どうにかしてその想いを共有しようとしているのです。

SNSが、いまその想いをつないでいます。

文/浦田昆

こちらも読まれています

・一日がうまくまわりはじめる。明日のための「夜」の新習慣 #sponsored

・春の自分をコンディショニング。やさしくなれる服見つけた #sponsored

・なんであんな深刻になってたんだろw 東京女子が負のループから抜け出しはじめた #sponsored