中国中車長客股[イ分]公司が6日に明らかにしたところによると、米国東部時間2017年4月5日午前にマサチューセッツ州交通局(MBTA)と同社はボストン地下鉄レッドラインの120車両追加売買契約を正式に結んだ。

写真拡大

中国中車長客股[イ分]公司が6日に明らかにしたところによると、米国東部時間2017年4月5日午前にマサチューセッツ州交通局(MBTA)と同社はボストン地下鉄レッドラインの120車両追加売買契約を正式に結んだ。中国新聞網が伝えた。

中国の軌道交通設備は2014年10月に米国市場への進出を果たしている。中車長客(現・中国北車)はマサチューセッツ州ボストンの地下鉄レッドラインとオレンジラインの合計284車両の地下鉄車両売買契約を受注。今回の契約はこの2014年の売買プロジェクト後の車両追加に関する契約となる。

同契約に基づき、レッドラインは現プロジェクトで引き続き製造を行い、2022年より納品し始め、2023年年初に完成させる計画だ。同契約の契約総額は約2億5000万ドル(約275億円)。(提供/人民網日本語版・編集/TG)