吉と出るか、凶と出るか…

Apple(アップル)のiPhoneに搭載されているプロセッサ「Aシリーズ」のGPUには、長らくImagination Technologies Group(以下、Imagination)の技術が採用されてきました。しかしImaginationによるとAppleはこの契約を15ヵ月〜2年以内に終了させると通知しているのです。これにより、Appleは独自にGPUを開発することになます。

iPhoneやiPad、iPod touch、Apple TVなどに採用されているAシリーズプロセッサには、ImaginationのGPU「PowerVR」が搭載されてきました。かつてはPC向けにPowerVRを搭載したグラフィックスカードがリリースされていたことを、覚えている方もいると思います。

しかしAppleは「自社製品をコントロールし、Imaginationへの依存をやめたい」として、ライセンス契約の終了を告知。そして独自のGPU設計を開始していると宣言したのです。この判断について、Imaginationは「我が社の知財を侵さないで独自GPUを設計することは、非常に厳しい挑戦となるだろう」と公式文章に綴っています。

MacRumorsにて、Appleは以前にImaginationの社員を引き抜いていることが報じられており、GPUの独自開発の道を探っていたことは間違いありません。しかし成功するのかどうかは、全くの未知数。今後はImaginationや他のGPUの知財や技術に関するライセンスを交わして、「独自」のGPUを開発するという可能性もあります。

はたしてApple独自のGPUはどれくらいのパフォーマンスを発揮するのか…。今は、楽しみに待っておきましょう。


・USB-C用MagSafe来るかも? Appleが特許を取得


image: Hadrian / Shutterstock.com
source: Imagination, MacRumors

(塚本直樹)