突然ですが、あなたは恋愛が長続きする方ですか? しない方ですか? 付き合って1か月は持つけれど、3か月は持たない……というパターンで恋愛が終わる女性は案外多いようです。
今回は、恋愛が2か月以上続かない女性の特徴について解説します。

1: 会う頻度が多すぎる

1、2週間に1回くらいしかデートしない関係と、毎日会う関係では同じ1か月の過ごし方でもまったく違います。あまりに頻繁に会っていると、ミステリアスな部分がなくなってしまい「もっと知りたい」という男性の本能がかきたてられなくなってしまいます。
恋愛が長続きしないのは、頻繁に会いすぎたり連絡を取りすぎてお互いに飽きてしまうからかもしれません。これまで長続きしなかった恋愛で、会う頻度が多かったなら次からは減らしてみましょう。

2: 甘えられない

甘えベタな女性に多いのですが、全然彼に頼ることがなかったり本当は会いたいのに素直に言えなくて我慢しすぎたりしていると、男性も距離感を感じてしまいます。この子は自分に心を開いてくれていない、と思うと男性も心を開けません。男性のほうがプライドが高いので、女性から先に歩みよってあげないと「この子と付き合ってもあまり楽しくなさそうだな」と思ってしまいます。
これまでの恋愛であまり自分の本音を言えていなかったのであれば、少しずつ出していくようにしましょう。案外本音を言っても相手は引かないですよ。

3: ネガティブ

彼からLINEの返信が遅かったり、自分よりも飲み会を優先されたりすると「彼は本当は自分のことを好きではないではないか」と考えたり、しつこく好きかどうか聞いてしまったことはありませんか?
一度や二度ならかわいくても、発言にネガティブなものが多いと、一緒にいて疲れると感じられてしまいます。
浮気が心配で疑ったり、束縛しすぎるのも同様です。彼に対してネガティブな見方をしてしまうということは、彼を信頼していないということ。なぜそんなふうに考えてしまうのでしょうか。実際に浮気されてしまったわけでもないのにネガティブに考えてしまうのは、過去の不誠実な彼のトラウマだったり、自分への自信のなさのあらわれかもしれません。
また、お互い忙しいなかで時間を作って会っているのに、そこで愚痴や悪口、うしろ向きな発言が多い人と会うとなんとなく会うのがイヤになってしまいます。彼にそんなふうに思われたくないですよね。ちょっとした発言や普段の口癖を変えてみると関係性が変わってくるかもしれませんよ。彼と会っているときだけではなく、普段から笑顔を多くしたり「できない→できる」と言い替えたりとポジティブな言い回しを使っていくようにしましょう。

恋愛が長続きしないケースでは、なにかが多すぎたり少なすぎたりすることが多いのです。これまで我慢していたり、やりすぎていたことがあったのであれば次から意識して変えてみましょう。きっと、これまでよりももっと信頼関係の築ける恋愛ができるはずです。