漫画やアニメでよく見かけるにも関わらず、現実ではまずお目にかかれないロマンスってひとつやふたつではないですよね! それがあるから、私たちは恋や愛に夢を見続けられるわけですけれども、たまにはリアルでもこんなことされてみたい! そんなロマンス集めてみました。今回はベッドでの彼とのやりとりについて。あ〜、恋した〜い!!

耳元でやさしく名前をささやいてくれる

おやすみなさいのその瞬間に、自分の名前をささやいてくれる。2次元の彼はサービス精神にあふれていますね! 普段、おちゃらけて名前を呼ぶ彼が、かすれた声で甘くささやいてくれると鼻血がでてきそうです! ごちそうさまです! 

寝ているときにもぐりこむと腕枕してくれる

夜、彼がすやすやと寝息をたてて寝ているベッドにもぐりこむと、寝ぼけながらも腕を差し出し、腕枕をしてくれる!! その腕から聞こえる鼓動を聞くと、今日クライアントから怒られたことなんて忘れてしまえます。わかりますか!? アラサー女子には必要なのです。このような睡眠導入剤が!!

離れようとすると抱きついてきて離さない

一緒に寝ていて、ふとケータイ電話がバイブ。それを見ようと腕を伸ばしたとき、彼は離すまいと腕の力をぐっと強めて抱きしめてきた……あ〜、たまらない。そんな甘い寝床にいられるためなら、目覚まし時計でも買いたてのスマホでも破壊してしまいますって!

寝ぼけながらでも頭をなでてあやしてくれる

眠れないで寝がえりを打つと、彼の大きな手がゆっくりと頭をなでて「ねむれないの?」と問いかけてくれる。ああ、なんて無垢な世界なのかしら。寝ぼけているあいだも、自分のことを考えてくれているのだと実感するとどうしようもなくしあわせになれます。

「寝顔をずっと見ていた」と言われる

そんな甘やかしのフルコースをうけて、夢からさめると、目の前には彼の顔。びっくりしてはね起きたら「寝顔をずっとみていた。かわいいね」なんて言われたりして。女性は、いくつになっても「かわいい」って言われたいものなのですよ。むずがゆい気持ちもあるけれど、「女の子に生まれてよかった」と心が満たされるのです。しかし、2次元さま、そこまではやりすぎじゃあないですかね。リアルでここまでは無理だとしても、こんな朝、一度でいいからむかえてみたい〜!

いかがでしたでしょうか?
だいぶあまい世界でしたね。砂糖過多で少し胃がもたれてしまっていたら申し訳ありません! ですが、ワタクシたち働くアラサー女子、これくらい甘ったるいあまやかしがあったっていいじゃないかと思うわけであります。日々ストレスで鋭利に削られていくメンタルを丸くするにはこれくらい強力でなければいけないのでありますよ! 夢が具現化する便利道具、某猫型ロボットにでもお願いしてみようかしら……。