パナソニックは7日、家の中の好きな場所で見られ、最大6チャンネル・16日分を自動で録画できる「プライベート・ビエラ UN-15TDX7」を6月16日に発売すると発表した。

 同テレビは、15インチのモニター部とチューナー部がセットになった製品で、チューナー部をアンテナ線につなげば、モニター部は家中どこに持ち運んでもテレビ放送などを視聴できる。防水対応。

 また、従来モデルの4倍の容量となる2TBのハードディスクを内蔵し、最大6チャンネル・16日分を自動録画できる。これにより見逃した番組でも、過去にさかのぼって視聴できる。さらに、ブルーレイやDVDに加えて、ブラウザー経由でインターネット動画も視聴できる。

 一方、外からは、スマートフォンで視聴できる機能を搭載。専用アプリの「Panasonic Media Access」を無料ダウンロードすると、内蔵ハードディスクに保存されたチャンネル録画や個別に録画した番組、外付けUSBハードディスク(別売)に録画した番組などを外出先からストリーミング再生できる。

 また、録画した番組を持ち出せる「番組持ち出し」にも対応する。後から見たい録画番組をスマートフォンやタブレットに移動して、ネット環境がない場所でも視聴できる。