【平壌(共同取材団)聯合ニュース】サッカーの2018年女子アジア・カップ予選は7日、北朝鮮・平壌の金日成競技場で行われ、B組の韓国は北朝鮮と対戦し、1―1で引き分けた。

 韓国は先制点を奪われたが、後半30分にチャン・スルギが同点ゴールを決めた。
 韓国は5日に行われたインド戦に10―0で大勝。9日に香港、11日にウズベキスタンと対戦する。
 北朝鮮はインドに8―0、香港に5―0で勝利しており、9日のウズベキスタン戦を残している。
 本大会に出場するにはB組で1位になる必要があるため、韓国は残り2試合を勝利するだけでなく、得失点差で北朝鮮を上回ることで1位を確実にすることができる。
yugiri@yna.co.kr