加藤浩次

写真拡大

7日放送の「スッキリ!!」(日本テレビ系)で、加藤浩次が、従来の交通違反の取り締まりについて「やり口が汚い」などと批判した。

番組では、警視庁が春の交通安全週間での新しい取り組みとして、交通違反の取り締まり場所をHPで事前に公開していることの是非を取り上げ、視聴者投票を実施した。公開の狙いは、ドライバーにあらかじめ危険な場所を知ってもらうことで交通事故抑止を図ることだ。こうした取り組みは全国でも珍しいとのこと。

その是非を問われた加藤は、賛成の立場を表明した。そして「罰金を集めるための取り締まりでなく、悪い運転をなくすための取り締まりだから、『ここでやりますよ』と言っても同じ効果があるんじゃないかな」と主張した。

また加藤は、議題の終盤では物陰に隠れて取り締まっている例をとり、「やり口がきたねーよ」と従来の取り締まりを批判する。そして「取締りって、事故をなくすためなのか罰金を集めるためなのか、みたいなね」とあらためて疑問を呈した。今回の公開については、他の地域や自治体でも採用し、事故の増減を検証するのがいいのではないか、と提案していた。

【関連記事】
加藤浩次が竹原ピストルにファンの性差を力説「男性ファンは離れない」
加藤浩次 子役への対応に対する指摘に「ネガティブキャンペーンやめろ」
加藤浩次 リア充アピールに苦言「人と比べて良いことなんかいっこもない」