異色の漫画『ガタガール』ってご存知ですか?漫画雑誌『月刊少年シリウス』(講談社)にて2016年5月号から2017年4月号まで連載されていた「干潟」をテーマにした風変わりな作品で「干潟観察会」に誘われた女子中学生が主人公の物語。

【すべての画像や動画はこちら】

 2017年1月末、連載打ち切りと2巻が発売できない危機に直面し、作者である小原ヨシツグさんが自ら連載継続の嘆願をTwitterに投稿しました。すると小原さんのフォロワー数は当初の10倍もの1500以上にまで増加し、ことの経緯が瞬く間に拡散されました。また、1巻についてもアマゾンランキングで一時的に165位まで上昇、講談社のカテゴリでは9位まえ上昇するという盛り上がりを見せたんです!

 しかしながら連載は今年2月に発売した号で無慈悲にも終了。2巻に関しては一連の「ガタガール保全運動」の効果もあり無事刊行することが決定しました。

 でも……これで終わるのはあまりにもったいないと、元々作品のファンだった電子書籍ストアBOOK☆WALKERのコミック担当者が講談社に直訴。『月刊少年シリウス』編集長から「BOOK☆WALKERのキャンペーンツイートが1万RTに到達したら、 シリウス本誌に『ガタガール』の特別編を復活掲載する」という約束を獲得したそうです。

 さらに同時に2巻刊行決定を受けて、1巻が99円というパワープレイを中心とした発売キャンペーンも展開されます。

「『ガタガール』応援企画 目指せ10,000RTキャンペーン」は4月7日から既にスタートしており、開催期間は4月20日23時59分まで。当該ツイートは次のURLです!「https://twitter.com/BOOK_WALKER/status/850188967223767041」。

(大路実歩子)