WACK(BiS/BiSH/ギャンパレ)運命の日に全メンバーが語った現実と未来 vol.2 BiS&ギャンパレ全メンバー/BiSHリンリン/aWインタビュー

写真拡大

 3月28日より4月2日までの5泊6日、BiS、BiSH、GANG PARADEの選抜メンバーと候補生を集めて行われたWACKオーディション。某合宿所での熾烈な戦いを経て、横浜赤レンガ倉庫イベント広場にて行われたフリーライブ【WACK EXHiBiTiON】で合格者が発表された。そんな運命の日にWACK所属全メンバーが語った現実と未来、今回はその第二弾を公開する。

BiS/BiSH/ギャンパレ キュートなライブ&合宿写真一覧

※WACK(BiS/BiSH/ギャンパレ)運命の日に全メンバーが語った現実と未来 vol.1「落ち着いてて、清々しい気持ちです」はこちら→ http://bit.ly/2nGHIUu

<BiS&ギャンパレ全メンバー/BiSHリンリン/Project aWインタビュー公開>

 WACKオーディション合格者発表では、BiSのプー・ルイやアヤ・エイトプリンス、BiSHのアイナ・ジ・エンド、ギャンパレ一同も気になるメンバーとして名前を挙げていたヒラノノゾムと、メロンパンキャラを確立していたオオショージメグミ。この2名のBiS加入が発表された。そしてWACK×avexによる新グループをデビューさせること、そのメンバーとしてガミヤサキとモモコグミ.incを採用することも決定。しかし、BiSH、ギャンパレに関しては該当者なし。その代わりにギャンパレのカミヤサキは古巣であるBiSへ、BiSのアヤ・エイトプリンスはギャンパレへ移籍(9月までのレンタルトレード)することが決定した。

 この急展開に様々な感情が入り乱れた涙を溢れさせていた各メンバーだが、vol.2ではBiS全メンバーとギャンパレ全メンバー、BiSHからリンリンの単独、WACK×avexの新プロジェクト・Project aWに起用されたガミヤサキ&モモコグミ.incへのインタビューを掲載するので(vol.3ではBiSH全メンバーと渡辺淳之介(WACK社長)へのインタビューをお届け予定)、各々の想いをぜひ感じ取ってほしい。

◎オオショージメグミ/ヒラノノゾム(BiS新メンバー)インタビュー

<辛いのも食べて、マラソンもダンスも頑張って……「やれば出来るじゃん」>

−−WACKオーディション合格おめでとうございます。これからBiSのメンバーとして活動していく訳ですが、自分の名前を呼ばれたときはどんな気持ちになりましたか?
オオショージメグミ:どこのグループに入れるか分からなかったし、そもそも自分の名前が呼ばれるかどうかも分からなかったので……まず名前を呼ばれた時点ですごく嬉しくて。ただ、合宿が始まってから「BiSに入りたい」と思うまで時間がかかって、最終的に「BiSに入りたい」と思うようにはなったんですけど……

−−最初は他のグループに入りたかった?
オオショージメグミ:最初はそうですね。でも私がニコ生視聴者の投票ランキング最下位で落ち込んでいたら、プー・ルイさんが「BiSなんてずっと最下位みたいなもんだから」と言ってくださって、私の居場所を作ってくださった気がしたんです。それからは「BiSに入りたい」と思っていたので、名前を呼ばれたときは本当に嬉しかったです。

−−今日、BiSのパフォーマンスを観てどんなことを感じました?
オオショージメグミ:合宿中にちょっと身近になってしまった部分があったんですけど、ステージで観るとやっぱり本当に凄くて、5人のパフォーマンスを観ながら「私にはムリかもしれない」とちょっと思ってしまったぐらいで。なので、今は本当に本気でやっていかなきゃいけないなと思ってます。

−−BiSは歴代個性的なメンバーばかりですが、自分はどんなメンバーになりたい?
オオショージメグミ:……みんな個性が強いじゃないですか。でも私はまだそんなに個性を見つけられていないので、どんなメンバーになれるのかまだ分からないんですけど、それもちゃんと見つけつつ頑張りたいと思ってます。

−−今回のオーディション、ヒラノさんにとってはどんな5泊6日になりましたか?
ヒラノノゾム:最初は「帰りたい」と正直思ってて…………でも今まで人生後悔してきたから、もう後悔はしたくなかったので頑張って……辛いのも食べて、マラソンもダンスも頑張って……

−−食べきる、走りきる、踊りきる、大きな声を出す。そうやってひとつひとつのハードルを乗り越えることが出来た自分自身にどんな感慨を持たれていますか?
ヒラノノゾム:「やれば出来るじゃん」って(笑)。

−−今日、BiSのパフォーマンスを観てどんなことを感じました?
ヒラノノゾム:観ているだけで体が勝手にノってしまう……凄かった。

−−その凄いと思ったグループの中でどんなメンバーになりたいと思いますか?
ヒラノノゾム:まだ自分がどんな感じなのかよく分かってないんですけど…………人に何か与えられたらいいなと思ってます。元気を与えたい。

◎ガミヤサキ/モモコグミ.inc(Project aW)インタビュー

<「おっぱいの小さい篠崎愛担当」とか言ってしまって本当にすみません!>

−−WACKの一員になれましたね。おめでとうございます。
一同:ありがとうございます!

−−合格者発表で名前を呼ばれたときはどんな気持ちになりました?
モモコグミ.inc:言葉に表せないというか、なんか夢みたいでした。
ガミヤサキ:パニックでしたね(笑)。「え、受かった? え、新グループ?」って。

−−いきなり天下のavexからメジャーデビュー。
ガミヤサキ:本当凄いことですよね!
モモコグミ.inc:その分プレッシャーが凄い。
ガミヤサキ:なんか……いまだに信じられない。
モモコグミ.inc:まだこのあと何かあるんじゃないかって(笑)。
ガミヤサキ:追加オーディションがあるって言ってたじゃないですか。また合宿するのかどうかが気になる。乗り切ったのに(笑)!

−−メジャーデビューするからには叶えたい夢や目標があったら聞かせて下さい。
ガミヤサキ:やっぱりお世話になった先輩たちへの感謝の意を込めつつ、いつか先輩たちを超えてみせたいです。
モモコグミ.inc:皆さんに知って頂けるような……普通に道歩いてるだけで「あ!」ってなるぐらい有名になりたいです。

−−では、最後にガミヤさん。篠崎愛さんにメッセージをお願いします。
ガミヤサキ:えぇー! 合宿中、散々「おっぱいの小さい篠崎愛担当」とか言ってしまって本当にすみませんでした! 本当に全然おっぱいないので、対抗心とか本当にないんで!
モモコグミ.inc:でもガミヤさんはデビューまでに篠崎愛さんに寄せる為に病院に通うそうです(笑)。
−−手術で何とかするんですね(笑)。
ガミヤサキ:本当に尊敬してます! 篠崎愛さん、尊敬してます!

◎リンリン(BiSH)インタビュー

<なんかめちゃ悔しくて……泣きました>

−−アイナ・ジ・エンドとハシヤスメアツコが奮闘していたり、BiSHの代表曲「オーケストラ」が奪われたり、いろんなことがあったWACKオーディション。リンリンもニコ生で観ていたと思うんですが、どんなことを感じたりしていましたか?
リンリン:「オーケストラ」が奪われたときはビックリして、なんか……「申し訳ないな」と思いました。2人が頑張ってくれていて、でもちょくちょく観ていた感じだったから2人の体調とか気分までは分からなくて。で、ツイッターでそのときそのときに思ったことをつぶやきたいと思ったけど、何をどうつぶやけばいいか分かんなくて、何も言えなくて……一応観ながら応援はしていたんですけど、それを表に出して伝えることが出来なくて。だからズレが生じちゃって、それが申し訳なくて……しかも「BiSHだから大丈夫」と思い過ぎていて。あと、そもそも観てて趣旨が分からなくなっちゃった。オーディションなのに曲を獲り合ってて、結局は現メンバー同士の戦いみたいになってて「何なの? オーディションじゃないの?」って思っちゃって、だんだん意味が分かんなくなって、だからこんがらがっちゃって、状況も分かんなくなって、気付いたら「オーケストラ」獲られてて、なんかめちゃ悔しくて……泣きました。

−−リンリンも人知れず泣いていたんですね。
リンリン:自分が行動できないことに対しても悔しくて、泣きました。でも渡辺さんが格好良いなって思いました、今日。なんか……渡辺さん、格好良いです(笑)。

−−では、最後に愛するアイナに一言お願いします。
リンリン:あいなそーそーりー。せんきゅー!

<これはきっと「必要なこと」だと自分でも分かってるから……>

◎プー・ルイ/アヤ・エイトプリンス/キカ・フロント・フロンタール/ペリ・ウブ/ゴ・ジーラ(BiS)インタビュー

−−まさかのアヤ・エイトプリンス移籍、どんな気持ちになりました?
ゴ・ジーラ:とりあえずビックリしました。ビックリだけです。
キカ・フロント・フロンタール:私は楽しみです、とっても。きっとアヤは大きくなって帰ってくるだろうし、私はサキさん大好き信者なんで……もうワックワクですね!
アヤ・エイトプリンス:WACK、ワックワク?
キカ・フロント・フロンタール:かけてないわ!

−−アヤプリ自身はどんな気持ちなの?
アヤ・エイトプリンス:私はわりとポジティブです! 発表されたときは泣いてたんですけど、あの涙は……
ゴ・ジーラ:悲しいって云うよりビックリだよね?
アヤ・エイトプリンス:そう、ビックリ涙みたいな。感じだったんですけど、ギャンパレとは合宿で一緒に踊ってダンス楽しかったし、すっごい学べることがたくさんあったんで、多分これはきっと「必要なこと」だと自分でも分かってるから……だから私もすごく楽しみです、GANG PARADEとして活動する期間が。もちろんBiSと離れるのは寂しいですけど、新メンバー入ったのにあんまり一緒に活動できないし、ツアーも一緒に廻れないのは……
キカ・フロント・フロンタール:アヤが2人いればいいのにね。
−−いってらっしゃい! またいつか!
アヤ・エイトプリンス:え、私の話終わりですか?
一同:(笑)

−−ペリさん、ペリさん。
ペリ・ウブ:はい、なんですか!?
−−新メンバーが2人入ってきました。
ペリ・ウブ:ねっ!
−−初めて後輩が出来ます。どんな気分ですか?
ペリ・ウブ:かかってこい!
−−(笑)
ペリ・ウブ:最初「要らない、要らない」と思ってたんですよ。でも合宿見てたらみんな本気で頑張ってくれて、今は「一緒に世界を変えれたらいいな」と思ってます!
−−素敵なコメント、ありがとうございます。
ペリ・ウブ:いぇーい! おしまい?
−−まだ喋りたい(笑)? では、これからのBiSはどうなりそう?
ペリ・ウブ:これからのBiSは……ちょっと不安です(笑)! 新メンバー入ってくるし、アヤが居なくなっちゃうし、ギャンパレからカミヤさんが入ってきたり……どうなるのか想像がつかないんですけど、絶対良い方向に進む為なので頑張りたいと思いまーす!

<ギャンパレの戦う姿を見て「昔の私じゃん」と思ったんです>

−−プー・ルイさんも注目していたヒラノさんとオオショージさんがBiSに加入決定。どんな気分ですか?
プー・ルイ:のんちゃん(ヒラノノゾム)は面白くなる予感しかない(笑)。私がまた更生施設になります。
−−個人的には、足りないパーツが埋まった感じもします。
プー・ルイ:本当ですか? まぁたしかにバランス良すぎた感じがあったので。5人とも微妙にちゃんとしてるじゃないですか。でもそこにちゃんとできなくて「自分を変えたい」と思ってる子が入るのは面白いと思います。あと、オオショージはなんかBiSっぽいですよね、いちばん。見た目からして。褒めてるのか分からないけど(笑)。

−−BiSへの移籍が決まったカミヤさんは?
プー・ルイ:カミヤさんは……どうしよう(笑)? でもギャンパレにあってBiSにないものとか、BiSにあってギャンパレにないものとか、今回の合宿でいっぱい見えたので、それをお互いに教え合いなさいよ。っていうことだと思うので、お互いにとって価値のある移籍になればいいなと思ってます。
−−往年のファンからすると、プー・ルイとカミヤサキが再びBiSのステージで肩を並べるのは楽しみだと思います。
プー・ルイ:サキちゃんと私はタイプが違って、練習をひたすら頑張るタイプと……私はもはや最近自分のアレがよく分からないんですけど……
−−そんな状態のプー・ルイが歌う「今の私も嫌い でも信じようかな」という「BiSBiS」のフレーズ、今日のライブでめちゃくちゃ刺さりましたよ。「BiSだ!」と思いました。
プー・ルイ:ハハハハ! なんか今回の合宿めっちゃ悔しかったから……いろいろ。でもここまで「悔しい」って思うことも無くなっていたから、それは良かったなって思います。ギャンパレの戦う姿を見て「昔の私じゃん」と思ったんですよね。最近の私は頭で考えることが増えちゃって……考えるべきところは考えたほうがいいと思うけど、考えないで突っ走ったほうがいい場面も考えるようになっちゃっていたから。

−−プー・ルイがそれに気付けたことで、今後のBiSは面白くなっていくんじゃないですか?
プー・ルイ:面白くなると思います。今回の合宿、プー・ルイがいちばん参加して良かったと思います。あとは、のんちゃんを人間にさせるだけです(笑)。
−−みんなののんちゃんをよろしくお願いします。
プー・ルイ:みんな、そんな気分ですよね。「のんちゃんを一人前の人間にしてくれ」みたいな(笑)。

<BiSオーディションで後悔していた部分を今回はちゃんと出来た>

◎カミヤサキ/ヤママチミキ/ユメノユア/キャン・マイカ/ココ・パーティン・ココ/テラシマユウカ/ユイ・ガ・ドクソン(GANG PARADE)インタビュー

−−5泊6日のWACKオーディション、そして【WACK EXHiBiTiON】でのライブを終えた今の心境を聞かせて下さい。
ユメノユア:ライブはすごく楽しくて、初めてのお客さんも結構いたと思うんですけど、実際に握手会でも「初めて観たけど、すごく良かった」と言ってくれる人がいっぱいいて、今までの活動が少し実ったのかなって思います。サキちゃんが来月には移籍しちゃうけど、アヤプリと一緒に活動できる期間は4か月しかないから、それも楽しんでやりたいなと思っています。
テラシマユウカ:合宿、すごく楽しかったです。デスソース飲んでマラソンするのはしんどかったですけど(笑)、今回の合宿に来れてよかったと思います。前のBiSオーディションで後悔していた部分を今回はちゃんと出来たから、良い経験になりました。BiSとBiSHがいてくれたことでギャンパレを新たに知ってくれる人も多かったと思うし、それは本当に良かったです。

−−そんな2人が頑張っていた合宿の模様、どんな気持ちで見守ってました?
キャン・マイカ:ギャンパレは性格的にうるさいメンバーが多くて、その中でも大人しいというか、言葉数の少ない2人が合宿に参加していたんですけど、誰よりも2人が格好良かったし、自分が考えさせられるところもあったし、今回の【WACK EXHiBiTiON】も2人のおかげで……ここから良いストーリーが作られていくのかなと思ったから、2人にはすごく「ありがとう」って気持ちです。ただ、最後の最後で……「WACK怖いな」って(笑)。でもこれも乗り越えたらステップアップできると思うので、この調子で、イケイケドンドンで突き進みたいですね。
ユイ・ガ・ドクソン:合宿に関しては、ずっと観てたんですけど、自分も参加した前のBiSオーディションを思い出したり、候補生のみんなが頑張っている姿を見て、前の自分がダメだったところとか今の自分に足りないものも見えたし。あと、合宿ってどう進めるかじゃないですか。いろんなやり方があると思うんですけど、最初から全力で正面からぶつかって勝ちを獲りにいく2人を見てて「すごい格好良い!」と思って。それを見て私も「もっと格好良くなりたい!」と思ったし、途中は一緒に悔しい想いもしたんですけど、最後は勝ってくれたし、今日そんな2人と……また7人集まってライブできるのがめっちゃ幸せでした。まだまだいろんなことがありますけど、でも絶対に、この機会に全員で強くなって、ギャンパレをひとつ上のステージに上げたいと思ってますので、お任せください!
ココ・パーティン・ココ:みんなが予想しない事態になったんですけど、これがWACKなのかなって。でもその渦中に自分が居れて幸せだなとも思います。なので、これからWACKの一員としてもっと自覚を持ってやっていきたい。そしてギャンパレが一番になります! その過程を皆さんに見ててほしいし、応援し甲斐のあるグループになるので、よろしくお願いします!

−−カミヤサキ担当のヤママチさん。カミヤサキ不在の期間がやってきます。
ヤママチミキ:また来ましたね。
−−そういえば、過去にもカミヤサキ不在期間(http://bit.ly/1lpvf6V)はありましたもんね。無期限活動休止。
ヤママチミキ:実は二度目なんですよ(笑)。でも今回は良い方向に捉えられるかなと思って……移籍が発表された瞬間はビックリして泣いちゃったんですけど……サキちゃんがいない間は私とユアが主に引っ張っていく立場にならなきゃいけないので、自分も成長できるチャンスだし、アヤちゃんは今までギャンパレで誰も持っていなかったものを持っている子だと思うので、アヤちゃんからいろいろ盗めればいいなと思ってます。ギャンパレも底上げできるし、個人としても成長できる期間を頂けたので、そこは精一杯頑張っていきたいなと思ってます。

<プー・ルイに忘れていた気持ちがあるように、自分にも忘れていた気持ちがある>

−−今の心境を聞かせて下さい。
カミヤサキ:ギャンパレもBiSもWin-Winになれるようにしたいです。移籍が発表されたときはビックリしたし、ギャンパレは自分が初めてイチからやってきたグループだったから「移籍が悲しい」とかじゃなくて「ずっと見てたかったな」って。活休とかもあったけど、ずっとそばで見ていたい気持ちは強くあったから、そこだけちょっと「あー、自分が居なくなっちゃうのか」と思うけど、でも私は期待して選んでもらったと思っているので。ギャンパレでは振り付けとか7人での見せ方とかライブの見え方に拘ってきたつもりなので、BiSにも……元々私はBiSがなければここにいないから、昔のBiSに感じていたものと、ギャンパレで拘ってきたもの、それを今のBiSにちゃんと合わせて形に出来たらいいなと思ってます。

−−プー・ルイとまた共に活動する日がやってくるとはね。
カミヤサキ:でも私は昔のBiSに居たときの自分とは絶対に違うと思う。それは今日ステージに立っていて自分でも思いました。昔はプー・ルイに遠慮して「プー・ルイを立てよう」と思っていたけど……もちろん今でもプー・ルイのことは尊敬しているんですけど、私も自分の気持ちをちゃんと持てるようになったから。そういう意味では、今度はちゃんとプー・ルイをライバルみたいな目線で見れる。あと、ライブはBiS時代のほうが素直に楽しんでいるときが多かったから、プー・ルイに忘れていた気持ちがあるように、自分にもそういう忘れていた気持ちがあると思うんで、それをこの機会に取り戻していけたらギャンパレのプラスにもなるし、頑張りたいと思ってます。

vol.3へつづく―――

取材&合宿撮影:平賀哲雄
ライブ撮影:Jumpei Yamada