【ブンデス第28節プレビュー】CL控えるバイエルンとドルトムントが激突

写真拡大

▽ミッドウィークに行われた前節では首位バイエルンがホッフェンハイムに敗れた一方、2位ライプツィヒが勝利したことで勝ち点差が10に縮まった。そして、酒井高との日本代表対決で1ゴール1アシストの大活躍を見せた香川がドルトムントを勝利に導いている。迎える第28節は土曜日にバイエルンvsドルトムントのビッグマッチが開催される。

▽前節ホッフェンハイム戦を0-1と敗れてリーグ戦16試合ぶりの敗戦を喫した首位バイエルン(勝ち点65)は、翌水曜日にレアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグを控える中、ドルトムントをホームに迎える。2位ライプツィヒとの勝ち点差にまだまだ余裕はあるが、連敗は避けたいところ。過密日程の中できっちり結果を残し、レアル・マドリー戦に臨めるか。

▽一方、4位ドルトムント(勝ち点50)は香川の活躍とオーバメヤンの6試合連続ゴールで前節HSV戦を3-0と快勝。こちらは翌火曜日にCLモナコ戦を控える中、来季のCLストレートインを目指すべく、バイエルン相手に勝利を目指したい。好調を維持する香川のプレーにも要注目だ。

▽バイエルン相手にクラブ史上初勝利を飾って3連勝とした3位ホッフェンハイム(勝ち点51)は、酒井高の14位ハンブルガーSV(勝ち点30)とアウェイで対戦する。4位ドルトムントが1ポイント差で迫る中、連勝を伸ばして3位死守となるか。

▽前節マインツ戦を3-2と勝利して2連勝とした2位ライプツィヒ(勝ち点55)は、ダルムシュタット戦でコルクト監督就任後4試合目にして初勝利を挙げた10位レバークーゼン(勝ち点35)とのホーム戦に臨む。

▽その他、ボルシアMG戦で出場停止のイビセビッチの代わりに1トップとしてプレーしたもののインパクトを残せなかったヘルタ・ベルリンの原口は、ここ5試合出場機会のない宇佐美の16位アウグスブルクと対戦し、9月以来となる今季3ゴール目を挙げたマインツの武藤は。7位フライブルクとのアウェイ戦に臨む。

◆ブンデスリーガ第28節

▽4/7(金)

《27:30》

フランクフルト vs ブレーメン

▽4/8(土)

《22:30》

シャルケ vs ヴォルフスブルク

フライブルク vs マインツ

ケルン vs ボルシアMG

ハンブルガーSV vs ホッフェンハイム

ライプツィヒ vs レバークーゼン

《25:30》

バイエルン vs ドルトムント

▽4/9(日)

《22:30》

ヘルタ・ベルリン vs アウグスブルク

《24:30》

インゴルシュタット vs ダルムシュタット