写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アイ・ティ・リアライズは4月5日、運営する「CRECOリサーチ」にて実施した「生命保険に関するアンケート調査」の結果を発表した。調査は3月2日〜21日、同社運営のクレジットカード管理スマホアプリ「CRECO」の利用ユーザーを対象に行い、889名から有効回答を得たもの。

「生命保険に加入しているか」を聞いたところ、全体の73.6%が「加入している」と回答。特に、子供のいる既婚者の加入率が高く、91.9%にのぼった。

「現在加入している生命保険」を聞くと、「共済(県民共済・JA共済等)」が最も多く17.1%。次いで「アフラック(アメリカンファミリー生命)」(16.5%)、「日本生命」(15.0%)となった。

また、「現在加入している生命保険の種類」については、「医療保険」(55.4%)や「終身死亡保険」(50.8%)でいずれも半数を超え、次いで「がん保険」(33.3%)、「個人年金保険」(20.6%)と続いた。

属性別では、男性高齢者は「終身死亡保険」、反対に女性は全世代で「医療保険」や「がん保険」に加入している人の割合が多かった。また、「学資保険」に関しては、やはり子供がいる既婚者の加入率が多いものの、その割合は24%にとどまった。

生命保険の「月の保険料」を聞くと、「1万円〜1万5,000円未満」(21.4%)が最多に。以降「5,000円〜1万円未満」(18.5%)、「5,000円未満」(17.0%)と続き、56.9%が2万円未満であることがわかった。

(CHIGAKO)