ブラピ、笑顔で登場!/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

痩せてやつれたという評判のブラッド・ピットが、4月5日に『ザ・ロスト・シティ・オブ・ゼット(原題)』プレミアに登場。にこやかな笑顔でレッドカーペットに立った彼に、「またハンサムなブラピに戻った」と絶賛の声があがっている。

【写真を見る】ブラピがイケメンすぎる!/写真:SPLASH/アフロ

アンジェリーナ・ジョリーとの破局以来、ロサンゼルスのアート・スタジオに引きこもり彫刻を作っていたとも噂され、一気に痩せた姿でファンを心配させていたが、プレミアに現れたブラッドは黒いジャケットに黒いパンツ、白いシャツにトレードマークのハンチング帽でシックな装い。白髪の無精ヒゲも上品で、端正な美形のロマンスグレーへの道を歩み始めたという印象。

「ゴージャスな男性。アンジーと一緒の時みたいに浮腫んでない」「あの笑顔を見て。ブラッドは何をしてもかっこいい!」「ハンサムなブラッドが戻って来た!全然青白くなんかないじゃない」

「この人はやっぱり稀有な美男俳優。アンジェリーナにはもったいなかった」「ああ、笑顔に溶けそう」などの絶賛コメントが英紙デイリー・メールのサイトに殺到している。

同作は、ブラピの会社プランBが製作した映画。当初はブラピも出演することになっていたが、スケジュールの都合が合わず、ブラピが演じるはずだった役柄はベネディクト・カンバーバッチが演じている。【UK在住/MIKAKO】