6日、「中国版ワイルド・スピード」と言われる米中合作映画「Speedhunters」が今年7月にもクランクインするようだ。メイン写真は女優のヤン・ミー。

写真拡大

2017年4月6日、「中国版ワイルド・スピード」と言われる米中合作映画「Speedhunters」が今年7月にもクランクインするようだ。捜狐が伝えた。

【その他の写真】

米メディアによると、米中合作映画の「Speedhunters」が中国メディアを管理する国家新聞出版広播総局(広電総局)に制作申請を行っている。ストーリーの概括には「未来型カーレースを描く」と書かれており、さらに01年公開のシリーズ第一作「ワイルド・スピード」のロブ・コーエン監督がメガホンを取ることに。また、「トランスフォーマー」シリーズのロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラがプロデュースすると報じられている。

中国の映画会社、北京家賦文化伝媒公司と1905影業合資公司が制作に参加し、今年7月にもクランクイン予定。上海やドイツでロケを行う予定だ。

出演者の顔ぶれは明らかになっていないが、中華圏および海外から選出される。中国のネットユーザーの間からは、映画「空海 KU−KAI」の俳優ホアン・シュエン(黄軒)や、演技派のフー・ゴー(胡歌)、若手イケメン俳優のヤン・ヤン(楊洋)、女優のヤン・ミー(楊冪)といった顔ぶれを望む声が上がっている。(翻訳・編集/Mathilda)