2017年4月1日に社名を富士重工業からSUBARUに変更し、SUBARU第1弾となる新型XVをリリースするなど、新世代SUBARUへの移行が着実に進められています。

1

そして4月7日、米国向けの「アウトバック(日本名レガシィ・アウトバック)」の2018年モデルが発表されました。4月12日のプレスデーを皮切りに開幕する「2017年ニューヨーク国際自動車ショー」で披露されます。

SUBARUのフラッグシップクロスオーバーモデルと位置づけられているアウトバック。2018年型モデルは、外観デザインのラギッド(無骨な)かつ上質な印象をより強調しているのが特徴で、インテリアの質感向上も図られています。

同社のフラッグシップモデルにふさわしい上質な乗り心地を得るべく、サスペンション設定の最適化などにより、操縦安定性と乗り心地をさらに向上。エンジンやCVT特性を変更することでメリハリのある気持ち良い加速感も実現したとしています。

安全面では、ステアリング連動ヘッドランプの採用、後側方警戒支援システムのインジケータランプを鏡面中からより視認しやすいミラーサイドに移設されたのがトピックス。

前者は、ステアリング操作に合わせてヘッドランプ光軸を左右に動かすステアリング連動型に進化させたことで、コーナーや交差点で車両進行方向を照射し、夜間の視認性を向上させる装備。さらに、ランプを大きく光るように変更することで、走行時の周囲の状況をより把握しやすくなったそうです。

SUBARUらしい年次改良を受けた2018年型アウトバック。米国での発売は今夏予定とのことで、日本での発売時期はまだアナウンスされていませんが、近い将来の発売が期待されます。

(塚田勝弘)

2018年型「アウトバック」、ニューヨーク国際自動車ショーで公開(http://clicccar.com/2017/04/07/461190/)