写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は4月7日、グローバル展開しているデータセンターの間を接続するネットワークに、大容量伝送かつ省スペース、省電力な400G伝送装置を、2017年4月14日より順次導入すると発表した。

これによりNTT Comの基幹網は、従来の2倍以上となる19Tbps以上の伝送容量を1光ファイバあたりで確保できることとなる。NTT Comは、IoTの本格的普及などに伴い増加し続けるトラフィックの流通に対して柔軟・迅速に対応するICT基盤を引き続き提供していく。

なお、同装置に用いられている400G伝送技術は、日本電信電話(NTT)の研究成果であるデジタル信号処理技術を活用したものとなる。

近年の映像データの流通拡大やクラウド技術の進展に伴う基幹光通信網におけるトラフィックの急激な増大に対応するため、NTT Comは、デジタルコヒーレント光伝送技術を用いた1チャネル当たり100Gの光伝送システムを導入した。

一方で、4K/8Kなどの高解像映像の流通拡大、IoTの本格普及、ビッグデータ解析の進展などにより、今後ネットワークを流通するデータはさらに高速・大容量になることが想定されているため、NTT Comは400G伝送技術の実用化に向けた検討を進めてきた。

同装置では、NTTの研究成果であるデジタル信号処理技術と16nm CMOS技術の相乗効果により、ビットあたりの消費電力を約75%削減(従来装置比)した。また、ビットあたりの装置占有スペースを約80%削減(従来装置比)した。面積などにゆとりのないデータセンターにも迅速なサービス提供が可能となる。

NTTは、400G光信号生成に関する研究において、光の位相と振幅の両方に情報を重畳させる16QAM変調信号とサブキャリア多重を実現。この成果が用いられている同装置では、1光ファイバあたり、従来システムの2倍以上の伝送容量を実現できる。

近年、ホールセール事業者やデータセンター利用者を中心にニーズが増加しているOTNインタフェース(OTU2/OTU2e/OTU4)を、またNTTの研究成果であるOTUCn対応フレーミング技術を活用した400GbEインタフェースを、NTT Comの法人向けネットワークサービスのオプションとして、順次提供開始する。

従来の高機能なオールインワン型の専用装置ではなく、必要な機能部/モジュールごとに再配置が可能となるディスアグリゲーションアーキテクチャとSDN技術を組み合わせることにより、NTT Comは柔軟・迅速に、新たなサービスや機能を提供することが可能となる。

今後は、IEEEの標準化動向も見据えながら400GbEなどの超高速イーサネット信号の提供や、ディスアグリゲーションされた機器とSDN技術を活用した伝送ネットワークの柔軟性・俊敏性向上に向けて、両社で連携してPoC実施を始めとした技術検討を推進していく。

(山本明日美)