写真提供:マイナビニュース

写真拡大

パナソニックは7日、ディスプレイ部とチューナー部がセットになった「プライベート・ビエラ」の新製品として、24V型モデル「UN-24F7」と、19V型モデル「UN-19F7」を発表した。5月19日より発売する。価格はオープン。推定市場価格は、UN-24F7が55,000円前後、UN-19F7が43,000前後(いずれも税別)。

UN-24F7とUN-19F7は、アンテナ線のない部屋でもテレビ放送や録画番組が楽しめるポータブルテレビ。HDMI入力端子を装備し、ゲーム機やレコーダー用のディスプレイとしても使用できる。音響面では、3W+3Wのバスレフポート付スピーカーボックスを搭載し、しっかりとした低音域を出力する。

「外からどこでもスマホで視聴」に対応しており、専用アプリ「Panasonic Media Access」をスマートフォンやタブレットにダウンロードすることで、外付けUSB HDDに録画した番組や、リアルタイムの放送を外出先からストリーミング再生できる。

「お部屋ジャンプリンク」対応のDIGAを使用すれば、DIGAで録画した番組をホームネットワーク経由で転送し視聴できる。ディスプレイ部の本体サイズはW567×D40.5×H365mm、重量は約3.5kg。ディスプレイ部のサイズと重量は、UN-24F7がW452×D38.2×H298mm / 重量が約2.2kg。UN-19F7がW136×D117×H36mm / 重量は約0.3kg。

チューナー部には地上/BS/110度CSデジタルチューナーを内蔵。USBポート×1を装備し、別売のUSB HDDを接続できる。アンテナは入力のみ。映像出力インタフェースとしてHDMI端子も備える。

(リアクション)