デビュー1周年ライブを成功させた欅坂46。ステージ後方には巨大な欅の木が

写真拡大

2016年4月6日に1stシングル「サイレントマジョリティー」をリリースした欅坂46が6日、東京・国立代々木第一体育館で「デビュー1周年記念ライブ」を開催。1万2000人の観客を熱狂の渦に巻き込んだ。

【写真を見る】ステージ上で圧倒的な表現力を見せるセンター・平手友梨奈!

グループのイメージカラーであるグリーンのサイリウムで埋め尽くされた会場で、デビュー曲「サイレントマジョリティー」からライブがスタート。メインステージ上部に設置された大型ビジョンには、この1年間、さまざまな場所で披露してきた同曲の映像が生のパフォーマンスとシンクロしながら映し出された。

キャプテンの菅井友香は「こんなにたくさんの方に1周年をお祝いしていただけて、本当に幸せです」と笑顔でコメント。観客が声をそろえて「ハッピーバースデイ トゥ〜ユ〜♪」と歌う中、運ばれてきたケーキに刺さったロウソクの炎をメンバーが息をそろえて吹き消した。

バースデイライブにふさわしく、1stシングルから順を追って表題曲、カップリングを全曲披露。途中、昨年夏に放送されたドラマ「徳山大五郎を誰が殺したか?」でメンバーと共演した俳優の嶋田久作が電話で生出演し、「ドラマが終わってからも“けやかけ”(『欅って、書けない?』)とかを観てるよ」と驚きの告白をする場面もあった。

2ndシングル「世界には愛しかない」の収録曲「渋谷からPARCOが消えた日」では、既発シングルのすべてでセンターを務めてきた平手友梨奈が赤いパンツスーツ姿で登場。4人の女性ダンサーを従えた圧巻のパフォーマンスで観客を魅了した。

3rdシングル「二人セゾン」のカップリング曲「大人は信じてくれない」では、スモーク&ファイヤーの演出で会場はさらにヒートアップ。ライブ前日にリリースされたばかりの4thシングル「不協和音」では、欅坂46らしいハードなパフォーマンスでこの日一番の盛り上がりを見せた。

ライブ本編終了後、アンコールの声を受けて再びステージに現れたメンバーを待っていたのは、サプライズの“緊急告知”だった。欅坂46の後発チームとして昨年5月に発足した“けやき坂46”(通称:ひらがなけやき)の増員が発表されると、あまりの驚きに涙を流すメンバーの姿も。“ひらがなけやき”をけん引する佐々木久美は「予想していなかったのでびっくりしちゃって、頭が真っ白なんですけど…まだまだ私たちも漢字欅さんについていってるだけなので、先輩になれるか不安ですけど頑張ります」と声を詰まらせながらも意気込みを語った。最後はライブ締めくくりの定番曲となった「W-KEYAKIZAKAの詩」でメンバーと観客が一体となり、熱いステージの幕が下りた。

小池美波のラジオレギュラー決定(MBSラジオ「ザ・ヒットスタジオ」)、渡邉理佐の専属モデル決定(「non-no」)をはじめメンバー個々の仕事も急増中の欅坂46。わずか1年で驚くほどの表現力を身に付けた彼女たちが、さらに大きく飛躍することは間違いなさそうだ。

取材・文=大小田真

【欅坂46 デビュー1周年記念ライブ@国立代々木第一体育館 4月6日】セットリスト

M1:サイレントマジョリティー

M2:手を繋いで帰ろうか

M3:乗り遅れたバス

M4:山手線

M5:渋谷川

M6:キミガイナイ

M7:ひらがなけやき

M8:また会ってください

M9:青空が違う

M10:ボブディランは返さない

M11:渋谷からPARCOが消えた日

M12:語るなら未来を…

M13:世界には愛しかない

M14:僕たちの戦争

M15:夕陽1/3

M16:誰よりも高く跳べ!

M17:制服と太陽

M18:大人は信じてくれない

M19:二人セゾン

M20:エキセントリック

M21:微笑みが悲しい

M22:チューニング

M23:割れたスマホ

M24:僕たちは付き合っている

M25:不協和音

M26(EN):W-KEYAKIZAKAの詩