ホンダは現地時間4月6日、新型「シビックSi」のクーペとセダンを発表し、これら新型モデルが標準でAppleのCarPlayおよびAndroid Auto対応となったことを明らかにしました。

クラリティに続きシビックSiもCarPlay対応に

シビックSiは7インチのDisplay Audioタッチスクリーンを搭載し、同スクリーンがApple CarPlayおよびAndroid Autoプラットフォームと統合されています。また450ワットの10スピーカーAM/FM/CDサウンドシステムも装備しています。
 
ホンダは3月には、同社の燃料電池車「クラリティ フューエル セル」の電気自動車(EV)版「クラリティ エレクトリック」およびプラグインハイブリッド(PVH)版「クラリティ プラグイン ハイブリッド」が、Apple CarPlayとAndroid Autoに対応すると発表しています。

三菱とScaniaも対応を発表

4月に入ってからは、三菱がアウトランダースポーツの2018年モデルを、またスウェーデンのScaniaが同社のトラックを、それぞれApple CarPlay対応としたことを明らかにしています。
 
現在CarPlayに対応している車種およびメーカーは、AppleのWebサイトで確認することができます。
 
 
Source:Honda via 9to5Mac
(lunatic)