今年8月に徴用工像設置が計画されているソウル市の龍山駅

写真拡大

 京都中心部から北に1時間ほどの山中にある「丹波マンガン記念館」。その敷地に韓国側が「強制徴用労働者像」と呼ぶ像が設置されたのは昨年8月のことである。この「徴用工像」をつくったのはキム・ウンソン氏とキム・ソギョン氏夫妻。世界各地で設置の動きが進む慰安婦像の製作者である。

 徴用工像にはすでに、ソウル市内のターミナル駅の1つである龍山駅前に設置する計画もあり、第二の慰安婦像問題となる懸念もある。この計画を試みたのは、「強制徴用労働者増建設推進委員会」。その中心をなすのは、韓国の二大労働組合である民主労総と韓国労総だ。ジャーナリスト・竹中明洋氏がレポートする。

 * * *
 私が市内中心部から近い民主労総の本部を訪ねたのは、韓国の憲法裁判所が朴槿恵大統領の弾劾を認める判決を下した3月10日と重なった。弾劾賛成・反対双方の市民や警備にあたる警察部隊で市内が騒然としていた。幹部らの多くが出払うなか、応対したのは民主労総の嚴美京(オム・ミキョン)統一局長だ。

「日本の植民地時代の歴史には事実が解明されないままとなっているものがあります。強制徴用の問題はその1つ。この問題の清算のために、私たちは韓日両国の共同調査と日本による真心のある謝罪、そして被害者がその経験を話すことができる機会を求めています。だから、私たちは京都に続きソウルでも像の設置の動きを進めています」

 龍山駅を選んだのは、この駅から大勢の徴用工が各地に移送された象徴的な場所だからという。だが、そうは言っても、設置は政府に許可されなかったではないか。

「朴政権の判断は間違っています。韓日関係を真に良好なものにするためには、臭いものにフタをするかのような姿勢ではなく、真相の究明こそが求められているはずです。ただ、大統領選挙で新政権が成立すれば、我々の要求も認められるでしょう。8月15日の光復節に合わせて今度こそ龍山駅前に像を設置します。万が一、認められなければ、国民的な闘争が広がっていくだけです」

 嚴局長は自信たっぷりにそう答える。それはそうだろう。5月9日に投開票される大統領選挙の最有力候補である文在寅「共に民主党」元代表は、民主労総をはじめとする労働組合を有力な支持母体としている。一昨年末の日韓慰安婦合意を破棄し再交渉するとの主張も掲げる。徴用工像の設置を認める可能性は高い。

 嚴局長は、さらに仁川や済州島などにも徴用工像建設計画があると語る。民主労総の釜山地域本部では、釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦像の横に建てることまで検討しているという。

 総領事館前に慰安婦像だけでなく徴用工像までも。計画が進めば、日韓関係が抜き差しならぬ関係になることが誰の目にも明らかでないか。そう問うと、「私たちの活動は韓日関係を悪化させることが目的ではない。ぜひそれを理解してもらいたい」と繰り返す。

【PROFILE】竹中明洋●1973年山口県生まれ。北海道大学卒業、東京大学大学院修士課程中退、ロシア・サンクトペテルブルク大学留学。在ウズベキスタン日本大使館専門調査員、NHK記者、衆議院議員秘書、『週刊文春』記者などを経てフリーランスに。近著に『沖縄を売った男』。

※SAPIO2017年5月号