朴容疑者はあす3度目の取り調べを受ける(イメージ)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国検察の特別捜査本部は8日、収賄容疑などで先月31日に逮捕した前大統領の朴槿恵(パク・クネ)容疑者に対する逮捕後3度目の取り調べを実施する。捜査本部の関係者が7日、伝えた。

 今月4日、6日の取り調べと同様、朴容疑者が勾留されているソウル市近郊のソウル拘置所に捜査員を派遣する形を取る。
 検察は大統領選(5月9日投開票)の選挙運動がスタートする17日より前に起訴する方針にしており、当面は2日に1回のペースで朴容疑者を取り調べて容疑の裏付けを急ぐと予想される。
 検察は朴容疑者の勾留期限を今月19日まで10日間延長するよう裁判所に申し立てた。容疑者の勾留期間は最長20日となっている。
 朴容疑者は親友の崔順実(チェ・スンシル)被告と共謀したサムスングループからの収賄など13件の容疑が持たれているが、容疑を全面否認し続けているという。
tnak51@yna.co.kr