写真提供:マイナビニュース

写真拡大

メルカリは4月7日、鹿島アントラーズ・エフ・シーとクラブオフィシャルスポンサー契約を締結した。契約締結に伴い、4月8日開催の明治安田生命J1リーグ第6節から、茨城県立カシマサッカースタジアムでのホームゲームにおいて様々な施策を展開するという。

JR鹿島サッカースタジアム駅から茨城県立カシマサッカースタジアムまでの太陽光発電下の道は、4月8日から「メルカリロード」と命名される。

このメルカリロードには、4月8日のセレッソ大阪戦限定で全長約16メートルに及ぶ「メルカリウォール」が設置される。メルカリウォールにはオリジナルのメルカリ×鹿島アントラーズノベルティグッズが取り付けられ、来場者は持ち帰ることができる。さらにすべてのノベルティグッズを取り外すとメルカリからのメッセージが表れる仕組みとなっている。

また、このセレッソ大阪戦では、試合後の19時30分(予定)に、フリマアプリ「メルカリ」において鹿島アントラーズの選手によるサイン入りグッズを出品。他にも、鹿島アントラーズ公式マスコットキャラクター「しかお」とメルカリがコラボレーションしたオリジナルステッカーの配布や、来場者がスマートフォンで撮影した写真にハッシュタグをつけてSNSに投稿すると、その場でアントラーズオリジナルフレームがついた写真としてプリントされる「PICSPOT」の設置も予定している。

今後は、ホームゲーム開催時に限り、試合後に鹿島アントラーズに関連したグッズや選手が着用したユニフォームなどを、LIVE配信で出品する「(仮)リアルタイム出品」などの実施予定。

鹿島アントラーズ エフ・シー 取締役事業部長 鈴木秀樹氏は「両社の事業領域は異なるものの『世界のトップを目指す』という理念は共通しており、これをきっかけにお互いさらなる成長を遂げていきたいと考えております」、メルカリ取締役 小泉文明氏は「日本だけでなく世界のトップを目指す姿は、サッカーとビジネスでフィールドは違えど共通の想いであり、今後も鹿島ファミリーの一員としてアントラーズの成功のために貢献していきたいと思っております」とコメントしている。