マセラティのミドルクラス・サルーン「ギブリ」の改良型プロトタイプをスカンジナビアでカメラが捉えました。

1

エクステリアでは、フロントエンドとリアバンパーが重点的にリフレッシュされると見られていますが、カモフラージュされたマスクの下には、現行モデルと異なる丸みを帯びたラジエーターグリルやバンパーのエアダクトのデザインが確認出来ます。

室内では、大型ディスプレイや最新のインフォテインメントシステムを装備するほか、ガーニッシュのリフレッシュも期待できそうです。

パワートレインは3リットルV型6気筒ツインターボエンジンをアップデートし、馬力と燃費の向上が図られる可能性もあります。

ワールドプレミアは2017年秋と予想されます。

(APOLLO)

マセラティ ギブリ改良型、ウィンターテストで見えた新デザイン!(http://clicccar.com/2017/04/07/460215/)