写真提供:マイナビニュース

写真拡大

パナソニックは4月7日、ポータブルテレビ「プライベート・ビエラ」の新モデルとして、15V型の「UN-15TDX7」を発表した。発売は6月16日。価格はオープンで、推定市場価格は税別130,000円前後。

UN-15TDX7は、チューナー部とIPX6/7に準拠した防水性能を持つワイヤレスモニター部を組み合わせたポータブルテレビだ。

チューナー部には地上/BS/110度CSデジタルチューナー×6基、地上デジタル専用×1基を内蔵。最大6チャンネルを16日分自動録画できる。また、ディスクドライブを搭載し、ブルーレイディスクやDVDのコンテンツを楽しめる。

「外からどこでもスマホで視聴」に対応。iOS・Androidアプリの「Panasonic Media Access」で、内蔵HDDの録画番組、外付けUSB HDD (別売)の録画番組、リアルタイム放送をストリーミング再生できる。DIGAに録画した番組をUN-15TDX7で視聴する「お部屋ジャンプリンク」もサポートしている。

モニター部にはバッテリーを内蔵しており、約3時間30分のテレビ視聴が可能。タッチパネルでの操作を採用し、録画や再生、チャンネル切換などを簡単に行える。また、キッチンでの使用中にモニターに油がはねたときなどは、薄めた食器用の中性洗剤で洗い流せる。

使用シーンに合わせてモニター部を見やすい角度に傾けられるよう設計。スタンドを上下に開けば、市販のS字フックで吊り下げての設置も可能だ。インタフェースはHDMI出力×1、USB×2、ヘッドホン出力×1、SDカードスロット、有線LANなどを搭載。サイズはW430×H59×D199mm、重量は約2.7kg。