@AUTOCAR

写真拡大

一見DB11、本当はヴァンテージV8

ニュルブルクリンク・サーキットに、来年ローンチ予定のアストン マーティン・ヴァンテージが出現した。

撮影されたのは、DB11をモディファイした開発車両。実は、ヴァンテージV8をテストしているところだ。それゆえ、一見スタイリングはDB11に見えるが、開発の終盤にはヴァンテージ本来の姿になることだろう。

DB11風のボディの下には、ヴァンテージ用の次世代型ボンデッド・アルミニウム・アーキテクチャが採用されており、生産型ではDB11よりも全長が短くなる。

中身はヴァンテージV8、でも音色はAMG

なによりも注目すべき(清聴すべき?)は、グリーンヘルを駆け抜ける開発車両のV8サウンドである。

エンジンはAMG製の4.0ℓV8ツインターボで、予想最高出力は、通常のヴァンテージが500ps、そしてヴァンテージSが550psになると思われる。

このユニットは、2つのブランドの技術提携によってもたらされるもので、制御プログラムなどのソフトウェア面はアストン マーティンの自社製だ。

またDB11のV8モデルにも、このエンジンが搭載される見込みである。

リリース時期に関してアストン マーティンは明らかにしていないが、今年後半にパブリック・デビューを果たし、来年から生産すると思われる。