@AUTOCAR

写真拡大 (全2枚)

「Audi Cam」何を伝えられる? メリットは?

口頭では説明のむずかしい作業内容の説明や、顧客による作業実施の承認、作業完了報告などを電子メールとインターネットを介しておこなう。これによって作業や料金の透明性 を高める。

顧客の都合のよい時にご確認することで、コミュニケーションとサービス業務の効率化にもつながるという。

ちなみに本格導入前の1年、一部の販売店でパイロット検証したとのこと。

顧客からの返信機能付きビデオ・メッセージ・システムの導入は、日本における自動車ブランドのアフターサービス業務では初となる。

「Audi Cam」、実際の手順は?

1、販売店は、車両の点検/整備対象箇所の状態を音声による説明とともに撮影し、メッセージを作成して顧客にメールを送る。

2、顧客がメールに掲載されているビデオ・リンクをクリックすると、「Audi Cam」のサイトが立ちあがり、整備項目が重要度(緑、黄、赤の 色で表現)とともに表示される。

3、顧客は各整備項目についての動画と見積りを確認。整備項目ごとに作業を実施するかどうかを選択して「選択を返信」を押す。

4、顧客が選択を返信すると、販売店に作業内容を通知する電子メールが届く。

5、作業内容を実施し、完了したら電子メールで顧客に連絡する。