<アサド政権が化学兵器を使用したと判断したアメリカがシリアの空軍施設をミサイル攻撃した。アサド政権を支援するロシア、イランとの緊張が予想される>

米軍は6日夜、シリア・アサド政権の空軍基地を、約50発の巡航ミサイルで攻撃した。6年前にシリア内戦が始まって以来、米軍が直接アサド政権の軍事施設を攻撃するのはこれが初めて。

米軍当局者の話として、ワシントン・ポストなどアメリカの複数の報道機関が現地時間6日夜に一斉に報じた。

ミサイル攻撃は、今週アサド政権が反体制派の拠点であるイドリブ県で空爆を行い、化学兵器を使用して多数の住民を殺害したと見られることへの対抗措置。ただ今回の攻撃によってアメリカは、アサド政権を支持するロシアやイランと直接に衝突するリスクを負ったことになる。

ドナルド・トランプ大統領は声明を発表し、攻撃について「国家安全保障上の重大な事案だ」とし、「すべての文明国がアメリカと手を組み、シリアの虐殺と流血、さらにすべてのテロ行為を終わらせる」ことを呼び掛けた。

トランプ政権は、これまでアサド政権については関与しない方針だった。ティラーソン国務長官は先月末、シリアの政権は「シリア国民が決める」ことだと述べていた。しかし今週のアサド政権の空爆で化学兵器が使用された疑惑が持ち上がったことから、トランプ政権幹部は一気に強硬姿勢へと傾いたようだ。

一方でアサド政権側は、化学兵器の使用を否定している。

【参考記事】シリアの子供たちは、何度化学兵器で殺されるのか

シリア攻撃に使われた米軍の巡航ミサイルは、地中海東部に配備されている2隻の米海軍駆逐艦から発射された。今週のアサド政権の空爆の拠点となった、シリアのシャイラート空軍基地が攻撃の標的となり、滑走路をはじめ爆撃機、格納庫、燃料庫を爆撃したという。

シリア情勢は、この6年続く内戦で反体制派がアサド政権と敵対している他、アメリカをはじめとした有志連合がテロ組織ISIS(自称イスラム国)の掃討にあたっているが、いまだにその勢力が残存し、混沌としている。

ニューズウィーク日本版ウェブ編集部