Microsoft Translatorが日本語の音声リアルタイム翻訳に対応しました。これにより、日本語を使って、異なる言語を使う複数の人とリアルタイムで意思疎通できることになりました。

Microsoft Translator と Skype 翻訳(Skype Translator)において、AI を活用した日本語の音声リアルタイム翻訳機能が利用可能に - The Official Microsoft Japan Blog

https://blogs.technet.microsoft.com/microsoft_japan_corporate_blog/2017/04/07/170407-microsoft-translator/

[Skype 翻訳] 日本語リアルタイム会話翻訳機能の追加について - Office Blogs

https://blogs.technet.microsoft.com/microsoft_office_/2017/04/07/skypetranslator/

Microsoft Translatorのテキスト・音声のリアルタイム翻訳がどのような機能なのかは、以下のムービーを見れば一発で理解できます。

Microsoft Translator ライブ機能のご紹介 - YouTube

「もしも……」と発すると……



すかさず、7言語で「もしも……」という言葉が翻訳されました。



「もしも……新しく来た人たちが自然に打ち解けるとしたら。」



英語で話す男性。



手にはスマートフォンを持っています。



男性が話した言葉は、音声認識によってテキストで表示されました。



男性が話した直後に、自分の言語で翻訳された形で男性の言葉がスマートフォンにテキスト表示されました。みな、自分のスマートフォンを見て、男性が話した内容を理解できます。



スマートフォンに語りかけるように、日本語で話す女性。



「私は家族と3週間前にこちらへ来ました。」



即座に、女性が話した内容は各ユーザーの使う言語に翻訳されてテキストで表示されました。



Microsoft Translatorは音声をテキスト化するだけでなく、ディープラーニング技術を使ってリアルタイムで翻訳することが可能です。



「もしも……ツアーガイドがいろんな国から来たいろんな人たちに自分の国の文化や歴史について話すことができたら。」



ツアーガイドの女性の説明は……



即座に翻訳可能。言葉が理解できなくても、話している内容は理解できます。



「もしも……世界中どこでも、自分の言葉が使えるとしたら。」



ホテルのフロントで、カードキーを手渡しエレベーターの場所を案内する女性。



英語の会話はすぐにフランス語に翻訳されました。



Microsoft Translatorは、音声とテキストをリアルタイムで翻訳可能。最高で100人の人とつながることができ、会話は日本語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語、ロシア語、アラビア語、中国語(マンダリン)の10言語に対応し、テキスト入力は50以上の言語に対応しています。



Microsoft Translatorの音声翻訳では、音声はMicrosoftの音声認識ニューラルネットワークシステムに送られて、「えーっと……」などの「disfluencies」と呼ばれる意味のないつなぎ言葉が除去され、完全な文章「TrueText」にされます。次にTrueTextは機械学習による2番目のAI機能に送られて、より流ちょうで人間らしく聞こえる翻訳が行われます。



Microsoft Translatorの日本語リアルタイム翻訳は、Skype翻訳(Skype Translator)にも導入されており、日本語だけを使ってSkypeで9カ国の言語を話す人と会話することが可能になっています。

Skype翻訳を「ほんやくコンニャク」のように使って会話する様子は、以下のムービーで確認できます。

[Skype 翻訳] 日本語リアルタイム会話翻訳機能 - YouTube

さらに、Microsoft Translatorの音声リアルタイム翻訳機能を他のMicrosoft製品で使えるMicrosoft Translator Speech APIが提供されます。これにより、PowerPointを使ってプレゼンテーションする人が話した内容が即座に翻訳され、Microsoft Translatorアプリで表示させられるなどさまざまなサービスにリアルタイム翻訳機能が組み込まれます。