イ・ジョンソク、映画「魔女」出演を検討中…生体実験で作られた殺人兵器役

写真拡大

俳優イ・ジョンソクが映画「魔女」(監督:パク・フンジョン、制作:映画社クムウォル) 主人公の出演オファーを受けた。

イ・ジョンソクが所属しているYG ENTERTAINMENTの関係者は7日午前、TVレポートの電話取材で「『魔女』の出演オファーを受けて前向きに検討しているが、決まったことはまったくない」と明かした。

「魔女」は生体実験を通じて殺人兵器として訓練された女子高生が自身のアイデンティティに混乱し、犯罪に巻き込まれて繰り広げられるストーリーを描いた作品だ。「新世界」「大虎」など男性性の強い作品を手がけてきたパク・フンジョン監督の次期作だ。女性ワントップ作品で、“韓国版功殼機動隊”と呼ばれる映画だ。

イ・ジョンソクはパク・フンジョン監督の映画「V.I.P」にも出演した。「魔女」に出演する場合、2作連続となる。イ・ジョンソクは「V.I.P」で高位層の息子役を務め、歴代級の悪役に変身した。今回の「魔女」では生体実験を通じて殺人兵器になった人物役の出演オファーを受けた。

「魔女」はWarner Brothersが投資および配給を務める。