写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●キャッシュレス化におけるフィンテックベンチャーと銀行の役割
個人間無料送金アプリを提供するKyashは4月5日、「Kyash」リリースに合わせ、メガバンク3行の代表が登壇するパネルディスカッション「送金革命がもたらすマネーの未来」を開催した。このレポートではディスカッションの様子をお伝えする。

ディスカッションのモデレーターは『Card Wave』編集長の岩崎純氏、パネラーは三菱UFJフィナンシャル・グループ デジタルイノベーション推進部 藤井達人氏、三井住友フィナンシャルグループ ITイノベーション推進部 田村浩気氏、みずほフィナンシャルグループ デジタルイノベーション部 辻和幸氏、Kyash 代表取締役 鷹取真一氏。

○キャッシュレス化における銀行の役割

――キャッシュレス化は送金の領域にも及んでいます。当初はこれまで銀行が担ってきた送金業務にフィンテックベンチャーが食い込むことで、銀行とベンチャーがぶつかってしまうのではないかと言われていました。しかし、実際はそうではなく、銀行とベンチャーが共にキャッシュレスを推進していくという流れになっています。メガバンクはフィンテックのくくりの中でどのようなことをやっているのでしょうか?

三菱東京UFJ銀行 藤井氏「今までの銀行のビジネスモデルにおけるキャッシュレスの取り組みでは、ATMやクレジットカード・デビットカードなどをやってきました。最近は銀行アプリを使った個人間送金も行っており、MUFG同士の即時送金が24/365(24時間365日)で可能になっています。スピードは速くないですが、キャッシュレスという側面だけではなくユーザーの利便性を意識した取り組みを進めているところです。くわえて、ブロックチェーン(ビットコインなどのように、複数のコンピューターでインターネット上の金融取引の記録を互いに共有し、検証し合いながら正しい記録を鎖のようにつないで蓄積する仕組み)を使って、新しいデジタル通貨を作るという取り組みも行っています。また、フィンテックベンチャーと組んでオープンイノベーションも沢山実施していますし、ユーザーのニーズに合わせた開発に自社でも取り組んでいるという状況です」

三井住友銀行 田村氏「キャッシュレスという点でいうと、当行ではVisaデビット利用の推進、ATMの利便性向上、アプリ上の送金機能改善などを実施してきました。銀行はもともと『どう便利にするか』という金融システムの技術は高く、銀行内だけでできるものもあります。しかし、現代のニーズに合わせた使いやすいものという視点や、若者やスマホユーザーの利便性などを考えた場合、新しい技術を持つベンチャーと手を組む必要があると考えています」

みずほ銀行 辻氏「みずほもJCBデビットの発行や、元々あった『みずほダイレクト』アプリのリバイズなど、ユーザーの使いやすさとキャッシュレスを推進していこうとしています。加えて、ブロックチェーンや銀行のAPI(他のアプリケーションソフトに対し、コンピュータープログラムの機能や管理するデータなどの一部を利用できるように提供するインターフェイス)の実証実験もすすめています。そういった銀行の技術を、テクノロジーを使って細かくPDCAをまわすベンチャーの技術と融合させ、キャッシュレスを推奨していきたいです」

――金融機関、サービス提供側には『テクノロジーを使ってPDCAをまわす』というメリットが見えやすいですが、一般コンシューマにはどのようなメリットがありますか?

みずほ銀行 辻氏「キャッシュレス化はユーザに一番大きなインパクトを与えるでしょう。日本ではまだ現金が主流ですが、2020年東京オリンピックには海外からたくさん人が来ます。そのときに、ドルから円に両替して現金で買い物しかできない世の中は、個人的には恥ずかしいと思います。ですから、Kyashのようなベンチャーと一緒に、細かいPDCAをどんどん回してサービスを改善し展開することで、電子マネーを含めたキャッシュレス化をすすめていきたいですね」

○ベンチャーができること

――銀行は巨大な顧客基盤を持っています。店舗で対面による客との接点もあり、ネットバンキングもある。一方、基盤がなく、チャネルもこれからつくるベンチャーは、対コンシューマに何ができると思いますか?

Kyash 鷹取氏「前職の銀行時代には『銀行の公共性の高さ』を感じました。しかし、公共性ゆえ、『このようなサービスがいいのではないか』『ユーザーのためになるのではないか』ということを細かくやるにはハードルがあります。少人数ベンチャーなら、仮説検証を素早く回して、ユーザーのためになると分かれば事業化することができます。人数が増えても高速で検証を回せ、ユーザーが求めていることを見つけられるのがベンチャーではないでしょうか」

――今後、銀行としてのビジネスモデルはどのように変わっていくと思いますか?

三菱東京UFJ銀行 藤井氏「銀行にはいろいろな業務がありますが、ビジネスモデル自体をトランスフォームしないといけない段階に来ています。データを元に予兆検知をしてマーケティングをするなど、銀行もお客様とデジタルの世界で接点を持つことが重要だと考えています。ベンチャーの良さはユーザーのストレスやフリクション(摩擦・不和)になっているポイントをうまくいなし、新しく使いやすいユーザーエクスペリエンスをスピード感を持って細かく改善して提供していく点です。そういう特徴をもつベンチャーと是非協業したいと考えています。しかし、外部の企業とのデータ連係は難しい面もあるので、銀行自身もビジネスを考えていかないといけません。一緒にやる側面もあるし、自分でやる必要もあるでしょう。今は過渡期で、どちらに仕組みを寄せるかは、色々試していく上で決まると思います。ただ、今後は支店といったリアルの起点よりも、デジタル・バーチャル起点のビジネスに軸足が置かれるのではないでしょうか」

●フィンテックベンチャーは銀行の競合か
○ビジネスモデルはどう変わるか

――ビジネス面でみると、既存の銀行や金融機関はベンチャーの競合になるのでしょうか?

Kyash 鷹取氏「かつては『フィンテックベンチャーは(既存の金融機関にとって)敵か味方か』という議論がありました。今は金融機関から出資をしていただき、新しい取り組みも共同で行っています。お互いに足りない部分を補完する関係になって、よい協業ができていけば良いですね。大きく言えば業種では近いですが、力を合わせて機能提供をやっていきたいと考えています」

――では銀行側からはどうですか? 一般的に、銀行ビジネスは法人営業が花形で、リテール部門はそれほど大きくない印象があります。送金は銀行が長らくやってきたビジネスですが、Kyashのようなベンチャーが出てきた場合、『ここは銀行』『ベンチャー』と棲み分けをした上で協業をするのでしょうか?

三井住友銀行 田村氏「消費者からすると、『これしか送金方法がない』と思っていたところが、ベンチャーにより、やりとりの方法が広がっていく。銀行がやれることは少しずつ広がっているので、ほかの業種と組んで何かをやることが増えそうです。まずは、ベンチャーと一緒にやりとりの方法を広げ、パイを大きくしたいですね。また、ベンチャーがやりたいことに(出資などで)銀行が協力して、市場拡大につなげることもあるでしょう」

○日本ではデビットカードは普及しない?

――銀行はVisaやJCBなど決済ブランドに基づいたデビットカードを発行しています。海外の場合、クレジットカードは金利が高いリボ払いが基本のため、金利の掛からないデビットカードが併用されています。しかし、日本ではクレジットカードはマンスリークリア(一回払い)が主流であり、デビットカードとの差別化が曖昧です。デビットカードは本当に日本で流行る余地はあるのでしょうか?

三井住友銀行 田村氏「個人的な感想になりますが、ブランドデビットはクレジットカードと同じ印象を持たれており、クレジットカードユーザーの切り替えを促すのは難しいと思います。しかし、クレジットカードが作れない人やお金を管理したいという人にとっては新しい選択肢となっています。金融教育の一環としての使い方もあるのではないでしょうか」

みずほ銀行 辻氏「僕も実はデビットは流行らないと思っていました。あえていえば、クレジットカードを持てない若年層がデビットカードで支払いができること、大人と同じユーザーエクスペリエンスができるというのが売りではないでしょうか。デビットカードのメインストリームは30代・40代ではなく、学生とすることで広がりが持てると思います」

三菱東京UFJ銀行 藤井氏「三菱東京UFJ銀行は銀行業界で最初にVisaデビットカードをスタートしました。現金派やクレジットカードが嫌いな人には、『借金を負ってしまう』『使いすぎるからクレカは嫌だ』という層が一定数います。デビットは、現金感覚で使えるクレジットカードとしてその層に訴求できますし、実際に発行枚数も増えています。ただし、日本はデビットカードの魅力よりも、ポイントバック、キャッシュバックなどクレジットカードのリワードがすごい。くわえて、商業施設におけるハウスカードの発行も多いのです。お得な支払い手段がたくさんある中で、デビットカードが魅力をユーザーに訴え、生き残ることができるのかと思うことはあります」

――皆さんデビットカードをすごくシビアに見ている印象ですね。私の周りでは、「日本はカード決済の割合が低いため、デビットカードを利用するようになる人が沢山いるのではないか」と楽観的な見方が多い感覚でした。

三菱東京UFJ銀行 藤井氏「名誉のために言わせてもらうと、私は結構デビットカードを使っています(笑)。普段の支払いはデビットカード、商業施設で駐車場無料などのサービスがある場合はクレジットカードというように使い分けています」

Kyash 鷹取氏「デビットカードはクレジットカードとセグメントを変えないとユーザーに刺さりきらないと思います。しかし、引き落としのリアルタイム性、家計管理という点では優れた仕組みであり、現金で払っているのと同じように、財布からお金が抜けていく感覚があります。モバイルとともに、デビットカードは新しい種類のカードとしてもっと魅せていけるのではないでしょうか」

●将来の支払い像はどう変わる?
○支払いがなくなる未来とは

――北欧は銀行に行ってもATMがない、銀行でさえも現金を扱わないというように、極端なキャッシュレス化が進んでいます。デビットカードはキャッシュレスの一例ですが、今後の日本のキャッシュレス像はどのようになるでしょうか?

みずほ銀行 辻氏「私は電子マネー信者なので、電子マネーの世界が広がってほしいですね。Kyashのリリースもありますが、いろんな企業が電子マネーを発行していくのではないかと思っています。競争が激化することでサービスを改善してさらに競い合い、10年後には3つぐらいの大きな電子マネーに収斂されるのではないでしょうか。その頃にはテクノロジーも進んでいるので、モノのなかにネットが入り込むIoTのように、『モノ』と『支払い』が完全に同期化・一体化していると思います。そうなると『Amazon Go』のようにレジが存在せず人が商品を手にとってそのまま出ていける、『支払い』という行為自体がなくなるのではないでしょうか」

三井住友銀行 田村氏「私も将来的には『支払いをしている』という感覚がない世界になると思います。しかし、いくら払ったかという情報を知るときや、誰かに気持ちを渡したいというときに、あえて一手間かけるようになるのではないでしょうか。不便なものが、人に気持ちを伝えるために入ってくると予想しています」

三菱東京UFJ銀行 藤井氏「去年からのトレンドで、『ネオバンク』『デジタルバンク』という、AIでユーザーの行動を分析しフィナンシャルヘルスを改善するサービスや、支出を裏でコントロールしてくれるサービスが欧米で増加しています。人はお金をコントロールしたいと思う気持ちが強いものです。今後はフィナンシャルヘルスの改善と決済がくっつき、金融的な面で人の役に立つような決済アプリがトレンドとしてくると思います」

Kyash 鷹取氏「人に対してお金を返したり渡したりするシーンがありますが、それにはカード払いが使えないという制約があります。5年後ぐらいにはそれがなくなり、対象問わずキャッシュレスの世界が実現しうるのではないでしょうか。10年後には個人の支払い認証が瞬時に行われ、立て替えや割り勘の概念自体がなくなる可能性もあると思います」

(関根千尋)