写真提供:マイナビニュース

写真拡大

デルは7日、13.3型2in1ノートPC「New XPS 13 2-in-1」の新色ブラックを販売開始した。vPro版CPUを搭載し、BTOに対応。直販価格は税別174,980円から。個人・法人向けに展開し、個人向けにはDell.comで限定先行販売を実施する。

「New XPS 13 2-in-1」は11型クラスのフットプリントに、13.3型サイズのディスプレイを搭載した2in1 PC。5.2mm幅の狭額ベゼルを上部、左右の3方向に採用し、本体サイズをW304×D199×H8〜13.7mmに抑えている。きょう体はファンレス設計。ヒンジは360度回転式で、通常のノートPCのほかタブレット形状などでも使用できる。従来はシルバーのみだったが、今回ブラックが追加された。

ブラックモデルのラインナップは「プレミアム」と「プラチナハイエンド」の2種類。プレミアムの主な仕様は、CPUがIntel Core i5-7Y57(1.20GHz)、メモリが8GB、ストレージが256GB PCIe SSD、グラフィックスがIntel HD Graphics 615(CPU内蔵)、ディスプレイが13.3型ワイド液晶(1,920×1,080ドット)など。Officeソフトは非搭載。この構成で価格は税別174,980円。

プラチナハイエンドの主な仕様は、CPUがIntel Core i7-7Y75(1.30GHz)、メモリが16GB、ストレージが512GB PCIe SSD、グラフィックスがIntel HD Graphics 615(CPU内蔵)、ディスプレイが13.3型ワイド液晶(3,200×1,800ドット)など。Officeソフトは非搭載。Officeソフトは非搭載。この構成で価格は税別214,980円。

主なインタフェースは共通で、USB 3.1 Type-C(Thunderbolt3、DisplayPort兼用)×1、USB 3.1 Type-C(DisplayPort兼用)、microSDカードスロット×1。通信機能はIEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2。