映画『オースティン・パワーズ』シリーズに出演する俳優のヴァーン・トロイヤーが、アルコール依存で病院に入院していることが分かった。

現在48歳のヴァーンはカリフォルニア州サンフェルナンド・バレーの病院に入院して2週間ちかく経ったとゴシップサイト「TMZ」は伝えた。ヴァーンはアルコール依存の治療を受けているそうで、今週末にはリハビリ施設に入所するという。過去にもリハビリ施設に入所したことがあり、2002年にはアルコール中毒で死にかけたことがあったそうだ。

ヴァーンは現地時間6日、インスタグラムに文章を投稿。「心配したファンの声を聞いて、とても個人的な状況について話したいと思います。皆さんが知っている通り、僕はアルコール依存と闘ってきました。いつも簡単な闘いではなく、1日1日闘いを続けています。先週から治療を受けていて、僕が必要な助けを得るために今週末自ら治療センターに入所することにしました。サポートのメッセージをくれたみんなに感謝したいです。僕にとって本当にそれは大きなことです。みなさんのサポートもあるから、まかせて」と綴っている。

アルコール依存と長年闘うヴァーン・トロイヤー (c)Imagecollect.