出演キャット一覧
 - (C)2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会

写真拡大

 スマートフォン用人気ゲームアプリ「ねこあつめ」を実写映画化した『ねこあつめの家』(4月8日公開)に出演する猫の秘蔵写真100点を公開。併せて、動物プロダクション「グローバル・アニマルアクト」所属のトレーナー、江上緑さんが本作の舞台裏、猫タレントに必要な条件を明かした。

 伊藤淳史ふんする不調が続く小説家が猫との出会いを通して人生を好転させていくさまを描く本作には、「うめほのり」のCMなどで活躍するシナモン、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」のドロップ、テレビドラマ「最高の離婚」のゆずなどスター猫がこぞって出演。日本猫からスコティッシュ・ホールド、アメリカンショートヘアーなどさまざまな種類の猫がひしめいているのも目にうれしい。

 本作で“メインキャット”となるちゃはちには当初ドロップとシナモンの2匹が候補に挙がっていたそうだが、最終的にはシナモンに決定。トレーナーの江上さんいわく「台本を読ませていただいて、ドロップとシナモンをこちらで提案させていただいたんです。大人しくて、ほかのネコとも仲良くできるということで。結果、シナモンになったのは、おとなしいだけではなくて、歩いたりといった動きもできるから」だったそう。

 タレント猫に求められる条件について、江上さんは「ネコは難しいと思います。可愛ければいいというわけではないので」と前置きしながら、「シナモンのように、どこに行っても普段のままでいられる子じゃないとダメだと思います。それから誰に対しても怒ったり逃げたりしない」と条件のハードルの高さを指摘。さらに、「ネコは犬とは違って、普通は、外に連れて行くとダメなので。家の中で、飼い主さんの撮る写真にカメラ目線ができたとしても、スタジオでとなると全く違う。知らない人のカメラではまた難しいですからね」と猫特有の気質を説明する。

 劇中、主人公・佐久本にニオイをすりつけに行くシーンでは、「普段から自分のニオイを付けたがる子」であることから“おうじ”を起用。「事前に伊藤さんに触ってもらって、少しだけ練習した」というが、本番では一発OKだったという。そのほか、本作がほぼ初出演という“おはぎ”ら名キャットたちが大活躍し、ヒーリング効果絶大の一作となっている。(編集部・石井百合子)