「マップ」から1時間ごとの天気がわかる! iOS 10.3では3D Touchにも新機能が:iPhone Tips

写真拡大

iPhone 6s/6s Plus以降の機種で、よく使う操作の効率をアップしてくれる3D Touch機能。本連載でもおなじみの便利な機能ですが、3月末に公開されたiOS 10.3にアップデートすることで、行える操作がさらに増えました。

「マップ」では、気温の表示を強く押し込む(プレス)ことで、最大12時間後までの気温や天気の変化がわかるように、「Podcast」では、アプリアイコンをプレスすると、最近聴いた番組をアプリを開かずに再生できるようになりました。どちらも小さい変化ですが、知っていればいままでよりも、スピーディにアプリを利用できます。

【ギャラリー】プレスでできる新操作 (5枚)

「マップ」から時間ごとの天気を知る


「マップ」を開くと、画面の右下に現在地周辺の気温が表示されます。この表示を、画面を押し込むようにプレスすると、時間ごとの気温や天気を表示できます。出かける前に天気の変化をチェックして、傘の準備をしたり、上着を1枚ふやしたり......といった判断をする際に役立てられます。

▲「マップ」を開き、気温のアイコンをプレス(左)。6時間後までの気温の変化を確認できる

なお、画面を横にした状態で気温の表示をプレスすると、12時間後までの気温の変化を確認できます。

▲iPhoneを横にして気温の表示をプレスすると、12時間後までに情報が増加

「Podcast」でアプリを開かずに番組を再生する


iOS 10.3のリリースにより、「Podcast」のアプリアイコンをプレスしたときに表示されるメニューの情報量が増えました。メニューから最近聴いた番組を再生したり、「Podcast」のメニューをウィジェットに追加したりできます。

▲「Podcast」のアプリアイコンをプレスし、表示されるメニュー内のアイコンをタップすると、その場で番組を再生できる。また、「ウィジェットを追加」をタップすると、「Podcast」のメニューをウィジェットに追加できる

ウィジェットは、ホーム画面やロック画面を左から右にスライドすると表示できます。ここからは最近聴いた番組を、アプリを開いたりアプリアイコンをプレスしたりせずに再生できます。

下の画像では、ロック画面からウィジェットを表示したときの操作手順を紹介します。

▲ロック画面を左から右にスワイプすると、ウィジェットが表示される。「Podcast」のメニューから番組のアイコンをタップすると、再生される(左)。ウィジェットが表示されている画面を右から左にスワイプすると、番組の一時停止/再生などの操作ができる(右)