スプリット

写真拡大

恐怖と緊張と興奮がスパイラルを織りなす、鬼才M・ナイト・シャマランの最新作『スプリット』が5月12日(金)より公開となるが、今作をひっさげシャマラン監督と主演を務めるジェームズ・マカヴォイの来日が決定した。

女子高校生3人組が挙動不審の男に拉致された。密室に閉じ込められた彼女たちはやがて、この男が"ひとり"ではないことを知る。神経質で潔癖症の青年デニスから、社交的で人懐っこいナイスガイのバリー、9歳の無邪気な少年ヘドウィグ、さらにはエレガントな女性パトリシアへ...。ひとりの人間の中で激しく入れ替わる人格。そう、彼は23もの人格を持つ男だったのだ! そして、驚くべき24番目の人格の発覚が彼女たちを絶望に陥れる―。

来日中、二人が登壇するティーチインイベントが開催される予定で、日本のファンが彼らと交流できる絶好の機会となる。上映後に監督とジェームズが本作について語る内容はネタバレ必至、しかし、その内容はこの場にいた人だけの秘密=口外厳禁とするイベントなので、プレミア価値が高くなること間違いなし! シャマラン監督は「日本のファンにとっては、サスペンス満載で、それと同時にとても面白い映画に仕上がっていると思う」と、作品の出来栄えについて自信に満ちたコメントを寄せており、今から映画の公開が待ちきれない!

『スプリット』は5月12日(金)より全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)