チャン・ヒョク、sidusHQと再契約を締結…デビューから21年間の絆

写真拡大

俳優チャン・ヒョクが事務所への愛情をアピールした。

最近チャン・ヒョクは、所属事務所のsidusHQと再契約を締結し、21年前のデビューから縁を結んだ事務所と、今後も共にしていくことにした。

sidusHQのマネジメントの関係者は「デビューから現在まで、弊社と共に成長してきた俳優チャン・ヒョクが、今後もお互いの支えになる関係を維持していきます。同じカラーを塗りながら共に成長してきたように、今後も多様で素敵な絵を描いていく予定なので、多くの期待と関心をお願いいたします」と伝えた。

チャン・ヒョクは、最近韓国での放送が終了したOCNドラマ「ボイス」で、デビュー後初の刑事役を務め、ストーリーの緊張感を高め、難易度の高いアクションはもちろん、繊細な感情演技まで完璧に演じて、視聴者から熱く愛された。

さらに、3月23日に韓国で公開された映画「普通の人」では、安全企画部(現在の国家情報院)の室長チェ・ギュナム役を務めて、観客の心を鷲づかみにした。