米テキサス州パームビーチで、シリアに関する声明を読み上げるドナルド・トランプ大統領(2017年4月6日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(更新)ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は6日、シリアに対するミサイル攻撃を受けて記者会見し、「米国は正義のために戦う」と宣言するとともに、「すべての文明国」はシリア内戦を終結させるため尽力するべきだと述べた。

 トランプ氏は、中国の習近平(Xi Jinping)国家主席と首脳会談を行っている米フロリダ(Florida)州ウエストパームビーチ(West Palm Beach)のリゾート施設「マーアーラゴ(Mar-a-Lago)」からテレビ中継で演説し、「シリアの独裁者バッシャール・アサド(Bashar al-Assad)は4日、罪なき市民に対し、致死性の神経剤を用いた恐ろしい化学兵器攻撃を行った」と非難した。

 続けて「今夜、私はすべての文明国家に対して、米国と共にシリアにおけるこのような殺りくと流血の終結、あらゆる種類のテロリズムの根絶に取り組むよう呼び掛ける」と表明。「われわれは、米国が正義のために戦う限り、最後には平和と調和が勝利すると信じる」と語った。
【翻訳編集】AFPBB News