坂上忍

写真拡大

4月6日、「ビートたけしの私が嫉妬したスゴい人」(フジ系)が放送され、タレントの坂上忍が嫉妬した人物を赤裸々に語った。番組はビートたけしが総合司会を務め、芸能人が嫉妬した人を赤裸々に告白していく企画。

【写真を見る】羽鳥慎一“朝の顔”を長年務める苦悩を告白

坂上忍は天才子役としてデビューしたのち、俳優として活躍、近年はバラエティー番組で歯に衣着せぬ物言いで人気を博している。中でも『バイキング』(フジ系)ではメインMCを務め、テレビ番組だからと取り繕わない本音トークで知られている。

坂上が嫉妬した人物は、フリーアナウンサーの羽鳥慎一だった。「司会って言うんですか?MCって言うんですか?そういう立ち位置が多いですから」と同じく司会者を務める他の芸能人には敏感な様子。

中でも、「ぱっと思い浮かぶ僕が嫉妬する人は羽鳥慎一さん」と好感度ランキングでは常に上位の羽鳥の名前を挙げ、本心を吐露した。

続けて坂上は、「こういうお仕事(司会)をやらせていただくようになってあの人を見てみると、“この人主役の立ち位置のはずなのに、絶対に主役になろうとしない人なのかな”って言う気がしてて」と独自の羽鳥慎一観を披露した。

他にも坂上は、「僕に欠けていると思うのは、(羽鳥は物事を)知らないフリをするでしょ」と、羽鳥との差を冷静に分析。

「視聴者目線に合わせて、知らないフリをしながらコメンテーター・専門家の方に質問して、自分が下になって情報を得て提供している。相当性格が悪くないとできない。僕は悪魔だと思ってますよ」と話し、同じ司会者として羽鳥に大きな嫉妬心を抱いていることを窺わせた。