ハリー・スタイルズ、21歳の誕生日にアデルからプレゼントされたものとは?

写真拡大

イギリスの人気グループ「ワン・ダイレクション」のハリー・スタイルズが、イギリスの歌手アデルから受け取った誕生日プレゼントについて語った。

現在「ワン・ダイレクション」は活動休止中で、ハリーは現地時間7日にデビューソロシングル「Sign of the Times」をリリースする予定。ハリーは今年2月にカルフォルニア州マリブのレストラン「Cafe Habana」で23歳の誕生日会を行い、アデルも出席していた。

そんなハリーは2年前の21歳の誕生日にもアデルをはじめ豪華なセレブを招待。そして、ハリーはアデルから受け取ったプレゼントについて、BBCラジオ1の番組で「僕の21歳の誕生日に、彼女は彼女のアルバム『21』をくれて、『私が21歳の時にかなりクールなことをしたわ。幸運を祈るわよ』って言ったんだ」「僕は『geez(ワォ)』って感じだったね」と話した。

さらに「彼女と少し話したよ。彼女は僕が一緒に(音楽を)書いた人たちの1人をよく知っているんだ」「彼女は手本となっているし、最もビッグで、素晴らしい。彼女は最高だから、彼女が最もビッグであるべきだよ。彼女は違うんだ。彼女は上手くやれるんだ。彼女がすることすべてが好きだよ」と褒めている。

アデルは2011年のアルバム「21」が評価されてグラミー賞を6冠受賞する大成功を収めていた。