『ふたりは友達? ウィル&グレイス』

写真拡大

ニューヨークを舞台に、インテリアデザイナーのグレイスと、ゲイの弁護士ウィルが繰り広げるおかしな日常を描いた人気コメディドラマ『ふたりは友達? ウィル&グレイス』。1998年から8シーズンにわたって放送された同作が復活するとのニュースは当サイトでもお伝えした通りだが、その復活版のエピソード数が増えることが明らかとなった。米Varietyが報じている。

もともと復活版は10話限定で製作されるはずだったが、この度、2エピソード分増えて全12話に。オリジナルキャストの主要キャラクターであるデブラ・メッシング(グレイス役)、エリック・マコーマック(ウィル役)、ミーガン・ムラリー(カレン役)、ショーン・ヘイズ(ジャック役)の4人もカムバックする。

放送がスタートした当時、同性愛者を主要キャストに据えた本シリーズは画期的な存在で、親友同士であるゲイのウィルとストレートのグレイスの友情は大きな人気を博し、エミー賞の各種部門で16冠に輝いている。

復活版ではオリジナルのクリエイター、マックス・マッチニック&デヴィッド・コーハンがショーランナー・製作総指揮を担い、8シーズン全てでメガホンを取ったジェームズ・バロウズも製作総指揮に名を連ねるとともに監督も兼任する。

復活版の撮影は先月からスタートしており、どのようにストーリーが展開するのか、放送日などの詳細はまだ明らかになっていない。(海外ドラマNAVI)