「攻殻機動隊」を実写化した映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」が本日・2017年4月7日(金)から公開されていますが、これまでアニメーションシリーズの制作を担当してきたProduction I.Gが「攻殻機動隊」の新作アニメーション制作が決定したことを発表しました。

Production I.G|『攻殻機動隊』新作アニメーションの制作が決定!!!

https://www.production-ig.co.jp/hotnews/2017/040701.html



リリースによると、監督は「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」シリーズの神山健治と、「攻殻」と同じく士郎正宗原作作品である映画「アップルシード」「アップルシード アルファ」の荒牧伸志が担当するとのこと。

アニメーション制作はもちろんProduction I.Gが担当。ただし、タイトルや展開時期などはまだ未定だそうです。

「攻殻機動隊」は、もとは士郎正宗の漫画で、1995年に押井守監督によって「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」としてアニメ映画化されました。



映画とはパラレルな存在として作られたのが、神山健治監督による2002年のテレビアニメシリーズ「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」。2004年に続編の「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」が、2006年には「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society」が作られました。



一方で、映画の続編として2004年に公開されたのが、押井監督による「イノセンス」。



さらに、これらのシリーズよりも作中時間を前に戻し、草薙素子が公安9課に所属する以前からの話を描いた「攻殻機動隊ARISE」と、その続きにあたる「攻殻機動隊 新劇場版」が2013年から2016年にかけて公開されました。



新たな作品は映画なのか、それともテレビシリーズなのか。そしてどのシリーズに連なるのか、あるいは完全に新たな物語なのか。次の情報が待たれます。

©1995 士郎正宗/講談社・バンダイビジュアル・MANGA ENTERTAINMENT

©2004 士郎正宗/講談社・IG, ITNDDTD

©士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会

©士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会