パートやアルバイトというような非正規雇用が増え続けている現代。いわゆるフリーターと呼ばれているアルバイトやパート以外に、女性に多いのが派遣社員という働き方。「派遣社員」とは、派遣会社が雇用主となり、派遣先に就業に行く契約となり派遣先となる職種や業種もバラバラです。そのため、思ってもいないトラブルも起きがち。

自ら望んで正社員ではなく、非正規雇用を選んでいる場合もありますが、だいたいは正社員の職に就けなかったため仕方なくというケース。しかし、派遣社員のままずるずると30代、40代を迎えている女性も少なくありません。

出られるようで、出られない派遣スパイラル。派遣から正社員へとステップアップできずに、ずるずると職場を渡り歩いている「Tightrope walking(綱渡り)」ならぬ「Tightrope working」と言える派遣女子たち。「どうして正社員になれないのか」「派遣社員を選んでいるのか」を、彼女たちの証言から検証していこうと思います。

☆☆☆

今回は、都内で派遣社員として働いている松井美穂さん(仮名・26歳)にお話を伺いました。美穂さんは落ち着いたブラウンの内巻きボブ、陶器のようにつるんとした肌にまつエクとグロスが、顔だちを明るく印象付けていました。グレーの襟ぐりがあいたニットには、今流行りのレース柄のスカートを合わせていました。足元はローヒールのパンプスを履き、高級ブランドの新作バッグを合わせた着こなしはインスタグラムなどで見かけるセレブのようでした。

「実は、バッグはレンタルアプリで借りたものなんです」

SNSでは、キラキラ女子を演出するために食べた物や、持ち物をアップしているそう。

「市場価値を高めたいんですよね」

”派遣は婚活の一環”と言う彼女に、どうして派遣で働くようになったのか聞いてみました。

神奈川県で生まれた美穂さんは、2歳年上の姉と会社員の父とパートタイムで働いている母のもとで育ちました。

「姉は、今年小学校に入学する子供がいるんですよ。大学出てすぐデキ婚して。今は、委託業務で健康食品の訪問販売をやっています。雨の日も自転車に乗って販売しに行く姿を見て、“ああ、結婚は失敗だったんだな”って思いますね……」

姉妹間で、教育に差があったと言います。

「母が姉には教育熱心だったんですよ。中学受験して、中高一貫の女子高まで通わせて。私は親から“高校は公立で”って言われて。まあ、校風が自由な学校に通えたので良かったですが」

姉と年齢が近かったため、持ち物の共有やおさがりが多かったと言います。

「本当に子供の頃は、姉のおさがりばかり着せられていて。それが嫌だったって記憶がありますね。アニメのキャラも1年ごとに新しいのに変わるのに、自分は姉のお古だったので、もう終わっている古いシリーズのTシャツとか靴を履かされたり」

姉と比べられるのが嫌で、自力で有名私大に合格

大学は、有名私大の文学部に現役で合格します。

「進学校に通っていた姉よりも、良い大学に行きたかったんですよ。高3追い込みの時には、朝5時に起きて、昼の12時までは休みなしで勉強していましたね」

大学時代は、サークルなどには所属せずショップ店員や、居酒屋でバイトをしていた。

「大学時代は特になにも努力しなかったというか。ちょうど姉がデキ婚したりで、母がずっと付きっ切りで姉の家に育児の手伝いしに行ったりで。自分は関わりたくないなって思って、家にいないようにバイトばかりしていましたね」

元々メイクに興味のあった美穂さんは、コスメブランドのメーカーや、百貨店などを中心に就活を行ないます。

「就活は、外資系のメーカーから百貨店まで受けたのですが、雇用条件が契約社員とかで。結局、エステサロン用の化粧品などを販売している企業に就職しました」

姉が経済的に苦労をしているのを身近で見て、美穂さんは”結婚相手はよく選ぼう”と考え、メイクやファッションの研究をします。

「姉はあまりメイクとかには疎くて。私はプチプラからブランドものとか試したい方だったので、エステサロンの仕事は楽しかったんですよ。ただ、女性社員が多かったので、暗黙のルールがあったりして疲れましたね」

若くて見栄えのよかった彼女は、お局の女性社員に目をつけられてしまいます。

「トイレにある小物用ロッカーは、マネージャークラスしか1人1個は使えなくて。自分が入社した時は”ロッカーが満杯だから、洗面台の排水溝のところに置け”って言われました」

女だらけの職場でいじめにあった美穂さん。一念発起して、若さを武器に仕事で活躍します。その2に続きます。

テスターなどの募集があれば応募し、最新のコスメを試しているという美穂さん。雑誌の美容モニターにも選ばれている。