シリアのシャイラト空軍基地。米国防総省提供(2016年10月7日提供)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(更新、写真追加)米国は6日、シリアのシャイラト(Shayrat)空軍基地に巡航ミサイル「トマホーク(Tomahawk)」59発を撃ち込んだ。米当局者が明らかにした。

 バッシャール・アサド(Bashar al-Assad)政権が国内で行った化学兵器攻撃への対抗措置として、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領が大規模な軍事攻撃を命じた。

 4日にあったこの化学兵器攻撃について、米政府はシャイラト空軍基地を拠点に行われたとみている。

 トランプ大統領は声明で、化学兵器の拡散を防ぐのは米国の「安全保障上、極めて重要な利益だ」と指摘した。

 シリアの国営テレビは、米国によるミサイル攻撃を「侵略」行為と伝えている。
【翻訳編集】AFPBB News