疎遠にならない! 「既婚の女友達」とずっと仲良しでいるコツを独身女性に聞いた

写真拡大

女性は結婚や出産、育児など、ライフスタイルが変わっていきやすい性。それによって同性間の友情が一時中断したり、終了したりするケースも……。

“食事”で分かれる! 30歳を超えても「かわいい人」と「イタい人」の大きな差

ある程度はやむを得ないことかもしれませんが、本当に大切にしたい女友達との関係は、心がけ次第でキープできます。そこで今回、女友達との良好な関係を維持するために実践していることを30代女性たちに聞いてみました。

1、思い立ったら気軽にごはんに誘う

「『あの子と久しぶりに会いたい!』と思ったら、その場ですぐ連絡するようにしています。『今月飲まない?』とか『週末、ランチでもどう?』と、かなりライトな誘い方で。

よほど嫌いな相手ではない限り、友人から食事に誘われて、不快な気持ちにはならないですよね。大人になると『忙しそうだし』と遠慮して声をかけなくなる人もいるようですが、食事なんてみんな毎日1〜3回は食べるわけですよ。

ひとりで食べるより、誰かと食べたほうが楽しいに決まってる、と私は考えていて、積極的に誘います(笑)。唐突に連絡するのを面白がったり、喜んでくれたりする女友達は多いですよ。

そうして誘っていると、逆に誘われる機会も増えていき、結果的に未婚・既婚・子供の有無を問わず、ゆるく長くつながっている友人はいっぱいいます」(32歳/IT/独身・子供なし)

誰かを誘うのに躊躇する必要はなし。たとえ断られても気にしない、くらいおおらでいたいもの。断る=嫌われている、のではなく、都合が良くなかっただけ――そう思って、縁を途絶えさせたくない相手のことは、気軽にかつ積極的に誘って良し。

2、相手に応じて話題を使い分ける

「産休中です。よく『子供を産むと独身や子供のいない既婚女性とは友人関係が切れていく』と聞きますが、私の場合はそんなことはないなあと思います。

今でも独身の友人や既婚子なしの友人と会うことは多く、出産前後で友人関係はほとんど変化していないんです。別途ママ友は増えましたが。おそらく理由としては、良くも悪くも私が『あまり母親っぽくないこと』じゃないかなと思います。

子供の話はママ友など同じ境遇の友人にすればいいので、それ以外の友人に対しては、それぞれが興味を持つ話題を出すようにしています」(30歳/広告/既婚・子供あり)

相手が興味のない(なさそうな)話題を提供すると、当然相手は退屈してしまうでしょう。

気遣いも感じられず、独りよがりな人だなあと思われ、疎遠になってしまう可能性も。相手に合わせた話題を提示することが思いやりであり、目の前の相手を気遣える人こそ、周囲からの支持を集める人だといえます。

3、自分の話はほどほどに、人の話を聞くのをメインにする

「昔と比べて“自分語り”をほどほどにするようになりました。若い頃はそれでもやっていけたのかもしれませんが、大人になって自分語りが多いと、人は次第に離れていきますよね。

アラフォーになっても自分、自分……という感じの女性の先輩を反面教師にして、自らの行動を戒めました(笑)。今はむしろ、人の話を聞く側に回っています。相談されたり、悩みを打ち明けられたりすることが多くなり、もしかして重宝されているかも、と感じることがあります。

人って他人の話を聞くより、自分の話を聞いてほしい生き物だから、話を聞こうとする姿勢は受け入れられやすいのだと思います」(35歳/出版/既婚・子供なし)

自分自分、と押しの強い人は、芸人さんなど“面白い話のプロ”を除き「圧が強いな……」と敬遠される対象になります。むしろ一歩引いたり、俯瞰したりできる人のほうが付き合いやすさがありませんか? 圧のない人になりたいもの。

4、「居心地のよい人」であり続ける努力をする

「女友達と一緒にいるときは、『話していて居心地がいいなあ』と思ってもらえる人を意識して、ふるまっているかなあと思います。

具体的には『否定しない』『本当にいいと思ったことは褒める』『変化に気づく』『ネガティブな発言はしない』『よく笑う』『程よく気を使う』などでしょうか……こうして挙げてみるとモテる男性みたいですね(笑)。

でも、そういう細かいことを心がけているだけで、結婚しても、子供を産んでも、変わらずいろいろな女友達から声をかけてもらえます」(31歳/飲食/既婚・子供あり)

「この人と長く関わっていたいなあ」と思えるのは、男女関係なく「自分にとって魅力的な人」ではないでしょうか。話しやすい・会うと元気をもらえる・自分が知らないことを知っている・笑わせてくれるなど、いろいろな魅力があります。

共通しているのは「また会いたい」と思わせる要素。自分自身が「また会いたい」と感じた人はどんな人かイメージすると、自分はどうなればいいか、答えは簡単に出てくるはずです。

環境やライフスタイル、状況が変わっても、各女友達との関係を良好に保ち、関係を継続させている女性はいます。

もし、現在ひとり身で、うっすら将来への不安、ひとりぼっちになる心配をしている方がいれば、上記の声を参考にしつつ、女友達との関係を見直し、構築してみてくださいね。