名門・東京フィルハーモニー交響楽団にジャズ・アンサンブルを加えた盤石の態勢! - 「ラ・ラ・ランド in コンサート」ビジュアル
 - La La Land (c) 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

写真拡大

 第89回アカデミー賞で歌曲賞、作曲賞を含む最多6部門に輝いたミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』のシネマ・コンサートが、5月27日の横浜公演を皮切りに、名古屋、大阪と国内3か所で開催されることが決定した。本国アメリカでは5月26日(現地時間)にハリウッドボウルでワールドプレミア公演を行う予定で、米国以外の海外では日本が世界最速公演となる。

 シネマ・コンサートは、キャストの音声はそのままに、音楽パートをフルオーケストラが生演奏する「ライブ+映画上映」のイベント。近年の欧米エンタメ界のトレンドで、日本でも2015年秋の「ゴッドファーザー・シネマコンサート」を皮切りに、「TITANIC LIVE 2016 タイタニック in コンサート」や「ハリー・ポッターと賢者の石 in コンサート」など次々と上陸した。そして今回の「ラ・ラ・ランド in コンサート」。公開中の新作映画がシネマ・コンサートになるのは極めて稀で、鑑賞後の興奮さめやらずサントラを聴き込んでいる映画ファンも、未見の人も見逃せない機会といえるだろう。

 日本公演では、300公演を超えるシネマ・コンサートでタクトを振ってきたエリック・オクスナーが来日して指揮をするほか、名門・東京フィルハーモニー交響楽団にジャズ・アンサンブルを加えた盤石の態勢で臨む。巨大スクリーンに映し出されるデイミアン・チャゼル監督の色鮮やかな世界、そしてミア(エマ・ストーン)とセバスチャン(ライアン・ゴズリング)の歌声に合わせてオーケストラ+バンドが爆音で生演奏する迫力が、何物にも代えがたい贅沢な映画体験を生む。(編集部・市川遥)

「ラ・ラ・ランド in コンサート」は5月27日、28日に横浜で、5月30日に名古屋で、5月31日に大阪で開催。本日(4月7日)よりチケットの最速先行予約受付がスタート(詳細はコンサート公式サイト参照)