画像

写真拡大

 ビジネスサーチテクノロジは、Googleが企業向けに有料で提供しているサイト内検索サービスGoogle Site Searchが2018年にサービス終了することを受け、自社のサイト内検索ASP「probo」への移行プランを展開する。

 ビジネスサーチテクノロジは、Googleが企業向けに有料で提供しているサイト内検索サービス「Google Site Search」(以下、GSS)が2018年にサービス終了することを受け、「Google Site Search マイグレーションプラン」の提供を開始する。

 GoogleはGSSの提供を2018年に終了することを発表している。現在GSSを利用しているWebサイトは契約期間が終了すると自動的にGoogle AdWords広告付きの「Google カスタム検索」へと移行することになる。

 「Google Site Search マイグレーションプラン」は、GSSを活用している顧客に対して、ビジネスサーチテクノロジが提供するサイト内検索ASP「probo(プロボ)」へのスムーズな移行をサポートする。同社はproboへの移行を行うことで、サイト内検索でGoogle AdWords広告が表示されサイト離脱・機会損失が生じるのを防げるとしている。

MarkeZine編集部[著]