男子ゴルフ米国ツアーメジャー第1戦、第81回マスターズ・トーナメント。18番でラインを読む松山英樹(2017年4月6日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】男子ゴルフ米国ツアーメジャー第1戦、第81回マスターズ・トーナメント(The Masters Tournament 2017)が6日、米ジョージア(Georgia)州オーガスタ(Augusta)のオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブ(Augusta National Golf Club)で開幕し、松山英樹(Hideki Matsuyama)は1バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの76で回り、4オーバーの54位タイと出遅れた。

 日本勢では池田勇太(Yuta Ikeda)が2オーバーの26位タイで最高位となった一方、谷原秀人(Hideto Tanihara)は松山と並び、54位となっている。

 首位に立ったのは伏兵のチャーリー・ホフマン(Charley Hoffman、米国)で、14番から17番にかけて4連続バーディーを奪うなど、7アンダーと圧巻のラウンドを披露した。

 2位はホフマンと4打差でマスターズ初出場のウィリアム・マクガート(William McGirt、米国)、3位には2アンダーでリー・ウェストウッド(Lee Westwood、イングランド)がつけている。
【翻訳編集】AFPBB News