前回の様子

株式会社モリサワは、昨年に実施した「タイプデザインコンペティション 2016」の表彰式と、特別セミナー「グローバル・タイプデザイン」を、2017年5月11日(木)に開催する。会場は秋葉原UDX 4FのUDXシアター。参加は無料で、事前申込が必要とされ、定員は150名とされている。当日のスケジュールは、表彰式と特別セミナーが16:00〜18:30(開場15:30)で、19:00〜20:00(開場18:30)にはレセプションを実施。「タイプデザインコンペティション」は、新たな表現力とチャレンジ精神に溢れたタイプフェイスデザインを追求している公募企画だ(http://competition.morisawa.co.jp/)。2016年度は、世界で49の国と地域から700点を超える応募があり、「モリサワ賞」の金賞および「明石賞」には、和文部門で松村潤子氏の「しまなみ」、欧文部門でバルト・ヴォレブレヒト氏(オランダ)の「Vonk Regular / Italic」が選ばれた。5月11日(木)の表彰式では、審査員長を務めたマシュー・カーター氏からトロフィーと表彰状を贈呈。特別セミナーの「グローバル・タイプデザイン」では、各国の書体メーカーが集まり、日本語 / 中国語(簡体字・繁体字)/ 韓国語 / 欧文それぞれの書体デザインの特徴や、各社の取り組みの最新事情について講演する。なお、会場では通訳もあり。事前申込は特設Webページから行うことが可能で先着順(https://morisawa.eventcreate.net/event/1474)。

松村潤子氏による「しまなみ」

バルト・ヴォレブレヒト氏による「Vonk Regular / Italic」

■期間:
2017年5月11日(木)
※要事前申込

■開催場所:
UDXシアター
東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX 4F

■問い合わせ先:
株式会社モリサワ
url. http://www.morisawa.co.jp/
▷こちらもおすすめ
モリサワ、書体デザインの公募「タイプデザインコンペティション 2016」の審査結果を発表